韓国GDP、第3四半期の暫定成長率「2.1%」…コロナ後「初の反騰」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国GDP、第3四半期の暫定成長率「2.1%」…コロナ後「初の反騰」
韓国の四半期別 実質国内総生産(GDP)の成長率(画像提供:wowkorea)

韓国の四半期別 実質国内総生産(GDP)の成長率(画像提供:wowkorea)

韓国では今年の第3四半期(7月から9月)の実質国内総生産(GDP)の成長率(暫定)が前四半期対比で2.1%上昇し、金融危機直後である2009年第3四半期以降の最高値を記録した。新型コロナウイルス感染症事態以降 四半期別における「初の反騰」でもある。去る第1四半期はマイナス1.3%、第2四半期はマイナス3.2%のマイナス成長であったが、今回の第3四半期でプラス成長に転じた。

特に 今回の第3四半期の暫定成長率は、去る10月に発表された速報値(1.9%)より0.2%上向修正された。半導体を中心に輸出好調の勢いがはっきりとしていく中、韓国内の設備投資が素早い回復をみせたためである。ただ 新型コロナの再拡散という否定的な影響により、民間消費は前四半期と同水準を維持した。

韓国銀行の国民計定部長は、この日 暫定値発表直後の説明会で「今年の第4四半期の実質GDPが、前期対比で0.4%から0.8%ほど成長すれば、年間経済成長率の展望値であるマイナス1.1%を達成することになる」とし「今年の第4四半期は、輸出と設備投資を中心に円満に成長するものとみられる」と語った。
2020/12/01 11:29配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 96 最終更新:2020/12/01 11:35


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.