「プデュ操作」2審も実刑…「PRODUCE 101」シリーズの被害練習生を公開=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「プデュ操作」2審も実刑…「PRODUCE 101」シリーズの被害練習生を公開=韓国
「プデュ操作」2審も実刑…「PRODUCE 101」シリーズの被害練習生を公開=韓国

「プデュ操作」2審も実刑…被害練習生を公開=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国のMnet(エムネット)のアイドルオーディション番組‘プロデュースX 101’(Produce X 101、プデュX)の得票数を操作した疑いで裁判にかけられたPDとCPが2審でも実刑判決が言い渡された。

ソウル高裁刑事1部(部長判事チョン・ジュニョン、ソン・ヨンスン、カン・サンウク)は18日、詐欺などの容疑で裁判にかけられたアン某PDとキム某CP(総括プロデューサー)に1審と同じ懲役2年と懲役1年8か月をそれぞれ言い渡した。イ某補助PDも1審と同様に罰金1000万ウォン(約942万円相当)を言い渡された。

アンPDなどはプデュ1〜4シーズンの生放送で視聴者による有料メール投票結果を操作し、特定の人に利益を与え、デビューメンバーの選定を操作した疑いが持たれている。アンPDは芸能事務所から複数回巨額の接待を受けた疑いもある。

アンPDなどは、視聴者を騙してなかったという趣旨の主張とともに、メール投票の収益をCJ E&Mに帰属させようとする意思がなかったと主張したが受け入れられなかった。

裁判所は「アンPDなどは、番組の二日前に、すでに最終選抜メンバーを決めていたが、これを知らせずにメール投票をして視聴者を欺いた」とし「収益をCJ E&Mに帰属させようとした意思があったと判断した1審は間違っていない」と明らかにした。

ただし‘重複投票’に関しては、詐欺罪が成立しないという主張は受け入れられた。

裁判所は「視聴者1人が同じ電話番号で重複投票した場合、1回を超えた部分に対しての詐欺罪が成立しないという被告人らの主張は妥当である」とし、「重複投票は結果に重複して反映されないという事実が広く知られており、常識的にも容易に分かる内容だ」と判断した。

しかし、アンPDなどに対する量刑は変わらなかった。裁判所は「今回の犯行で放送番組の公正性が著しく損なわれ、番組に出演した練習生らと視聴者を翻弄する結果となった」とし「一部の練習生は、正式デビューする機会を不当に剥奪された」と叱責した。

特に「この事件で最も大きな被害を受けたのは順位操作で脱落した練習生」とし、番組シーズン1から4で脱落した練習生の名前を列挙した。

裁判所が公開した被害練習生は、△シーズン1キム・スヒョン、ソ・へリン△シーズン2ソン・ヒョヌ、カン・ドンホ△シーズン3イ・カウン、ハン・チョウォン△シーズン4アンザルディ・ディモデ、キム・グクホン、イ・ジヌ、ク・ジョンモ、イ・ジニョク、クム・ドンヒョンなどの12人である。

また、「順位が有利に操作された練習生名簿も公開することが真実を明らかにする次元で最善だろうが、その練習生たちも自分の順位が操作された事実を知らずにいるとみられる」とし「順位操作を口実に事務所に隷属される状況が生じるなど被害者として見ることができる側面もある」と説明した。

続いて「ランクが有利に操作された練習生らの名簿が公開されると、被告人に代わって犠牲になる危険が高い」とし「この事件の裁判は、順位を操作した被告を裁く裁判であって、最善を尽くして若さを燃やした練習生を裁く裁判ではない」と強調した。

量刑に関しては「キムCPは指揮監督の義務があるにも関わらず、デビューメンバーの選定過程で順位操作を黙認したため、責任が非常に重い」とし「アンPDはメインPDとして芸能プロダクションから3700万ウォン(約349万円相当)を受け取り、練習生の順位を操作したため、非常に責任が重い」と明らかにした。

また、「イPDは上司の要請や指示に従って順位操作に加担した過ちを犯した」とし「被告人を厳罰する必要があり、特にキムCPとアンPDは実刑を避けられない」と述べた。

請託禁止法違反などの疑いが持たれている芸能プロダクションの従業員5人は、1審で罰金500万〜700万ウォンの判決を言い渡されたが、2審では量刑が上がった。裁判所は、彼らにそれぞれ懲役8か月、執行猶予2年を言い渡し、120時間の社会奉仕を命じた。

判決は「不正請託をして担当PDに接待を提供した点、放送の公正性が著しく損なわれた点など多くの事情を総合すると、罰金刑を言い渡した原審は軽すぎる」と説明した。

裁判所は有料メール投票をした被害者Aさんが、製作陣にメール投票の被害額100ウォンを賠償申請したことも受け入れた。

訴訟促進などに関する特例法第25条(賠償命令)は、「1・2審刑事公判手続において有罪判決を宣告する場合、裁判所は職権又は被害者等の申請により犯罪行為で発生した直接的な物的被害などの賠償を命じることができる」と規定する。

裁判所は「賠償申請額より事件進行のためにかかった費用がはるかに大きいが、被告人が視聴者を欺く詐欺犯行を犯したことを認めるという大きな意味がある」と述べた。今後の視聴者が被告人を相手に民事訴訟を起こす場合、今回の決定に影響を及ぼすものと思われる。

この日の判決後、真相究明委員会側の告訴代理人は歓迎の意を示し、「通常2審で減刑されるケースも多い点を見ると、今回の宣告は国民が関心を持ち続け、判決前まで嘆願していた点が影響したとみられる」と明らかにした。

ただ「全員が勝者になるべきだったオーディションは、視聴者を含め全員が敗者となる状況になった」とし「アンPDは数千万ウォン台の接待を受けたにも関わらず、原審の刑を維持したのは残念な点だ」と吐露した。

エムネットは2審の結果と関連し、「我々によって深い傷を負った被害練習生と家族に申し訳ない気持ち」とし「すべての被害練習生たちには最後まで責任を持って被害補償を終える」と明らかにした。
2020/11/18 17:47配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 最終更新:2020/11/18 19:34


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.