文大統領「世界最高のスマートシティ国家に」 25年まで9兆円超投資

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
文大統領「世界最高のスマートシティ国家に」 25年まで9兆円超投資
松島のスマートシティ統合運営センターで開かれた「韓国版ニューディール連係スマートシティ推進戦略報告大会」で発言する文大統領=22日、仁川(聯合ニュース)

松島のスマートシティ統合運営センターで開かれた「韓国版ニューディール連係スマートシティ推進戦略報告大会」で発言する文大統領=22日、仁川(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、仁川・松島のスマートシティ統合運営センターを訪問し、韓国版ニューディールの中心の一つであるスマートシティ推進の現況を視察した。

 スマートシティは都市に情報通信技術(ICT)やビッグデータなどの新技術を組み合わせ、住居、交通、環境などの都市問題を解決するモデルで、松島は韓国で初めて都市管理にスマートシティ概念が導入された。

 文大統領は同地で開かれた「韓国版ニューディール連係スマートシティ推進戦略報告大会」で「スマートシティは避けられない都市の未来」とし、「今後は韓国版ニューディールで世界最高のスマートシティ国家として進みたい」と強調した。

 また、釜山市や世宗市などで運用中のスマートシティのモデル都市を紹介した上で、「実証されたスマート技術を今後、新都市を建設する際に適用していく」と表明。「世界のスマートシティ市場は2025年に8200億ドル(約85兆円)で年平均14%以上成長する見通しであり、われわれの新しい経済成長動力としても十分だ」とし、「政府は25年までにスマートシティ事業に10兆ウォン(約9200億円)を投資して、15万人以上の雇用を創出する」と述べた。 このような目標を達成するための3大戦略も提示した。文大統領は「スマートシティを全国的にさらに早く実現していく」とし、「今年末までにデータ統合プラットホームの普及を全国108の地方自治体に拡大し、全国民の60%がスマートシティを体感するようにする」とした。

 また「道路、鉄道など公共インフラをデジタル化する」とし、▼モノのインターネット(IoT)技術による公共インフラ管理▼22年までにロボット・ドローンを活用したスマート物流モデル都市造成▼25年までに100カ所のスマート物流センター設置▼27年までに人が操作しない完全自動運転(レベル4)の世界初の商用化――などの計画を示した。 

2020/10/22 18:33配信  Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.