元慰安婦支援団体“不正疑惑”議員「事件記録が膨大で延ばしてほしい」…11月に裁判延期=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
元慰安婦支援団体“不正疑惑”議員「事件記録が膨大で延ばしてほしい」…11月に裁判延期=韓国
韓国“共に民主党”の尹美香 議員(画像提供:wowkorea)

韓国“共に民主党”の尹美香 議員(画像提供:wowkorea)

韓国では、元慰安婦支援団体“正義記憶連帯(正義連)”の元理事長であるユン・ミヒャン(尹美香)“共に民主党”議員による「不正疑惑」が問題となっているが、今回 業務上横領・背任など8つの容疑で起訴されているユン議員に対する裁判が延期され、11月に開かれることとなった。

今日(6日)韓国法曹界によると、最近 ユン議員の弁護人は裁判を担当しているソウル西部地方裁判所に、公判準備期日を今月26日から11月30日に延期する、期日変更申請書を提出した。

裁判所はこれを受け入れ、ユン議員に対する裁判が11月30日午後2時30分に開かれることになった。

西部地裁の関係者は「(ユン議員側から)事件の記録が膨大で調べるのに時間がかかるため、期日変更を申請したものと把握している」と語った。

正義連による会計不正、補助金・寄付金流用疑惑などを捜査した検察は、ユン議員を補助金管理法違反、寄付金品法違反、業務上横領・背任、公衆衛生管理法違反、準詐欺などの容疑で、在宅起訴した。
2020/10/06 11:26配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 96 最終更新:2020/10/06 11:34


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.