13日、首都圏のソーシャルディスタンス2.5段階延長の可否を発表…韓国の防疫当局「ゆっくりだが、拡散減少を維持」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
13日、首都圏のソーシャルディスタンス2.5段階延長の可否を発表…韓国の防疫当局「ゆっくりだが、拡散減少を維持」
13日、首都圏のソーシャルディスタンス2.5段階延長の可否を発表…韓国の防疫当局「ゆっくりだが、拡散減少を維持」

13日、首都圏のソーシャルディスタンス2.5段階延長の可否を発表…韓国の防疫当局「ゆっくりだが、拡散減少を維持」(画像提供:wowkorea)

韓国の防疫当局は最近、国内での新型コロナウイルス感染症の流行状況について、「ゆっくりだが、感染者は減少傾向を維持している」と評価した。

これを受け、13日、夜12時までの期限である首都圏のソーシャルディスタンス第2段階は延長するものの、防疫の強度はやや下げる可能性がある。当局は、13日に開かれる中央災難安全対策本部会議で延長の可否を最終的に議論し、その結果を発表する計画だ。

クォン・ジュンウク中央防疫対策本部副本部長は12日の定例ブリーフィングで「8月下旬、1日当たりの感染者は400人台を超え、急増していた拡散傾向は一旦静まったものと判断する」と明らかにした。

最近6日間の首都圏地域発生の1日当たり新規感染者は0時基準で、今月7日から12日まで、78→98→100→98→116→86人だった。一旦、ピークから下がった状況で、8月27日の313人に比べると大幅に減った規模だ。しかし、さらに大幅な減少傾向は現れていない。

防疫当局としては、首都圏の2.5段階をさらに延長し、拡大傾向を完全に抑える必要があると見ているが、自営業者らの苦痛は深刻であり、苦心している。これを受け、現在の強化された2段階(2.5段階)からやや緩和した調整、強化された2段階(2.2~2.3段階)へ転換する可能性も出ている。

カフェやパン屋など、コロナ中危険施設に対する措置だけを柔軟に解いて、他の高危険施設に対する強度の高い防疫策とマスク着用の義務化などの措置は維持して防疫効率を高める案だ。

2.5段階延長の可否についてクォン副本部長は「生活防疫委員会などを通じて専門家の意見を取りまとめており、議論が必要な状況」と述べた。
2020/09/12 22:37配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.