元プロゴルファーのパク・セリ、愛犬のリードを”ポールに繋ぎっぱなし”で一部視聴者がバッシング

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
元プロゴルファーのパク・セリ、愛犬のリードを”ポールに繋ぎっぱなし”で一部視聴者がバッシング
元プロゴルファーのパク・セリ、愛犬のリードを”ポールに繋ぎっぱなし”で一部視聴者がバッシング

元プロゴルファーのパク・セリ、愛犬のリードを”ポールに繋ぎっぱなし”で一部視聴者がバッシング(画像提供:news1)

 韓国“女子ゴルフの伝説” ことパク・セリ(42)が、庭で飼っている愛犬のリードがポールに繋いだままであることを指摘され、一部視聴者からバッシングを受けている。

 パク・セリは22日、MBCバラエティ「私は一人で暮らす」に出演。この日、パク・セリは3匹の愛犬と共に庭遊びをし、この時、庭にいるもう1匹の犬が画面に映し出された。この犬は、ほかの犬とは違ってリードがポールに繋がれたまま。パク・セリは「隣に住む叔父が育ている犬」と紹介した。

 このシーンを見た番組パネラーらは「幸せそう」とコメントしたが、一部視聴者は問題を提起。「ほかの犬と同じように、(庭に)放してあげれば」という意見も多かった。

 これに、パク・セリはSNSで「小さな子(犬)たちと一緒に庭に放すと事故が起きる可能性があるため、放す時間を(ほかの犬とは)別にしている」と釈明。「繋ぎっぱなし」ではなく、「1匹だけで庭に離している」と説明した。

2020/05/25 13:16配信  Copyrights(C)wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.