サポーター席に”女子人形”、不適切広告の可能性浮上のKリーグ・FCソウルが会見で否定 「いかがわしい人形ではない」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
サポーター席に”女子人形”、不適切広告の可能性浮上のKリーグ・FCソウルが会見で否定 「いかがわしい人形ではない」
サポーター席に”女子人形”、不適切広告の可能性浮上のKリーグ・FCソウルが会見で否定 「いかがわしい人形ではない」

サポーター席に”女子人形”、不適切広告の可能性浮上のKリーグ・FCソウルが会見で否定 「いかがわしい人形ではない」(画像:news1)

 無観客開催のKリーグで、FCソウルのサポーター席に置かれた「女子人形」が”不適切な物”であった可能性が浮上。これについて、FCソウル側が公式ブリーフィング(会見)をおこなった。

 FCソウルは17日の試合後、公式会見を開き「試合の際に(サポーター席に)設定された応援用のマネキン人形と関連し、サポーターの皆さまへご心配をおかけしたことを大変申し訳なく思っている」とし、「人形は実際の人間のようにリアルに作られているが、世間で懸念されているような”いかがわしい人形”とは関連のない製品であり、それは最初から確認していた」と説明。また「理由はどうあれ、FCソウルを愛して応援してくださるサポーターの方々へ不快感を与えてしまったことを改めお詫び申し上げる」と明らかにした。

 この会見に続き、18日には公式SNSやサイトを通して同様の立場文を投稿し、物議をかもしたことを謝罪した。

 これを前に、FCソウルは去る17日、ソウルワールドカップ競技場で開かれた「ハナ1Q Kリーグ1 2020」第2節のFC光州との試合を前に、サポーター席の空席にマネキンを配置。しかし、試合開始直後にこのマネキンが”不適切な物”であるとして物議をかもした。

 特に、一部の人形が手にしていたピケット(応援ボード)に特定グッズ生産業者の名前と、そのモデル名「BJ」まで記載されていたのだ。この画像がSNSなどを通して拡散された。

 連盟定款第5章マーケティング第19条「禁止広告物(わいせつな内容で公序良俗を害する恐れがある物)違反に該当するかについて、現時点では決定していない。

 連盟関係者は「該当規定は産業広告物に該当するが、今回の人形については応援道具だった。よって、規定適用が暫定的に難しいのではないかとの声もある」とし、「近日中に賞罰委員長に確認する方針」と明らかにした。

2020/05/18 14:09配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.