韓国 けさのニュース(1月9日)

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国 けさのニュース(1月9日)
韓国 けさのニュース(1月9日)

外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官(資料写真)=(聯合ニュース)

◇韓国国会の外交委が緊急会議へ 中東情勢緊迫で

 韓国国会の外交統一委員会は9日午前、緊急会議を開き、外交部などから報告を受ける。米国とイランの軍事緊張が強まる中、中東全域の国民・企業・派遣部隊の安全問題など政府の対策を点検するとみられる。また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が7日、新年の演説で明らかにした北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の訪韓に向けた努力など、南北関係改善のための政府の政策方向を巡る質疑も予想される。

◇セウォル号事故 元海洋警察幹部6人への逮捕状請求を棄却=地裁

 2014年に韓国南西部の全羅南道・珍島沖で旅客船セウォル号が沈没した事故で初動対応を十分に取らず乗客を死亡させた疑いが持たれている金錫均(キム・ソクギュン)元海洋警察庁長ら当時の幹部6人について、ソウル中央地裁は9日、逮捕状請求を棄却した。地裁は「指揮ラインにあった被疑者が業務上過失による刑事責任を負担する余地がある」としながらも、現時点で逃亡や証拠隠滅を防ぐために身柄を拘束する必要性は認めがたいと判断した。

◇朝の気温氷点下に 京畿道・忠清北道でPM濃度上昇

 9日は朝の気温が内陸を中心に氷点下まで下がった。中部地方は朝から晴れ、江原道東部と南部地方、済州島は曇りと予想される。江原道北部の東海岸、鬱陵島、独島では昼間に5ミリ未満の雨か雪が降りそうだ。気温は昼から2~10度まで上がり、平年(1~8度)より高くなる。前日に国外から流入した粒子状物質(PM)に国内で発生した粒子状物質が加わり、濃度が上昇する見通し。京畿道、江原道西部、世宗、忠清北道で「悪い」(高い)、その他の地域では「普通」レベルとの予報が発表された。

◇サムスン会長の株式資産9年で倍増 現代自会長は半減

 企業情報を分析する韓国CXO研究所は、李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長、鄭夢九(チョン・モング)現代自動車グループ会長、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長の3人の株式資産の変動を分析した結果、李氏の株式資産は2011年から現在までに2倍以上に増えた半面、鄭氏の株式資産は同期間に約半分に減ったと明らかにした。サムスン電子の株式価値は大きく上昇したが、現代自動車と現代モービスの株式価値は下落したためだ。崔氏の株式資産には大きな変動はなかった。

2020/01/09 10:00配信  Copyright 2020(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.