追放の北住民2人、イカ釣り漁船で同僚16人を殺害し韓国入りも「亡命意思はない」=統一相

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
追放の北住民2人、イカ釣り漁船で同僚16人を殺害し韓国入りも「亡命意思はない」=統一相
追放の北住民2人、イカ釣り漁船で同僚16人を殺害し韓国入りも「亡命意思はない」=統一相

追放の北住民2人、イカ釣り漁船で同僚16人を殺害し韓国入りも「亡命意思はない」=統一相(画像:news1)

 韓国統一部は7日、「去る2日、東海(日本海)上で拿捕された北朝鮮住民2人をきょう(7日)午後3時10分ごろ、板門店を通して北朝鮮に追放した」と明かした。

 統一部はブリーフィングを通して「韓国側の関係当局は去る11月2日、東海NLL北方境界線近くの海上で、北朝鮮住民2人を拿捕し、合同調査を実施した」と説明。また「調査の結果、2人は20代の男性で、東海上で操業中だったイカ釣り漁船の同僚乗組員16人を殺害し、逃走したとわかった」と明らかにした。

 2人の犯行経緯について、統一部のキム・ヨンチョル長官は「北側に追放された2人はことし8月、金策港を出港し、ロシア海域などでイカ漁をしていたところ、船長の苛酷な行為によって3人が共謀して船長を殺害。以降、犯行を隠蔽するため残る船員15人を殺害し、逃走目的で金策港に再入港した後、共犯の1人が逮捕されたことを知り、再び逃走して海上を南下した」と説明した。

 北に追放された2人の亡命意思について、キム長官は「最も重要だと考えていたのは、亡命意思」とした上で、「亡命意思を信頼することができないとの結論を下した」と明かした。

 その理由について、キム長官は「2人は殺害事件を起こした後、当初は慈江道に逃亡することを計画し準備する中で金策港近くに移動したが、1人が『いったん戻ろう。死ぬなら、祖国で死のうと合意した』と陳述しているため」と説明。

 また、韓国に南下する過程で、韓国海軍と遭遇し2日間、海軍の統制に従わず逃走し、韓国軍の警告射撃後も逃走を試みていたことも理由に挙げた。

2019/11/07 17:46配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.