韓米の米軍駐留経費分担交渉 2回目協議始まる

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓米の米軍駐留経費分担交渉 2回目協議始まる
韓米の米軍駐留経費分担交渉 2回目協議始まる

2020年以降の在韓米軍の駐留経費負担の規模を決める韓米間の協議がホノルルで始まった(イラスト)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国が2020年以降の在韓米軍の駐留経費負担(思いやり予算)の規模を決める2回目の協議が23日午前(日本時間24日早朝)、米ハワイ州ホノルルで始まった。

 協議は2日間の予定で、韓国外交部の鄭恩甫(チョン・ウンボ)韓米防衛費分担交渉代表、米国務省のジェームス・ディハート防衛費分担交渉代表がそれぞれ首席代表を務める。

 先月ソウルで行われた初協議では年内の交渉妥結で一致したものの、双方の見解の隔たりは大きく難航が予想される。

 米国は在韓米軍の運用に間接的費用も含め年間50億ドル(約5432億円)近くの予算がかかると強調しながら韓国に対し負担額の大幅な引き上げを求めている。
韓米の米軍駐留経費分担交渉 2回目協議始まる

韓国側首席代表の鄭恩甫氏(資料写真)=(聯合ニュース)

50億ドルは在韓米軍の人件費、戦略兵器展開費用などが全て含まれた金額で、これを韓国が負担するには在韓米軍地位協定(SOFA)の改正が必要となるため、議論を呼びそうだ。

 SOFAは韓国が施設と敷地を無償で米国に提供し、米国は在韓米軍の維持に必要な全ての経費を負担すると定めている。ただ、韓米は駐留経費負担に関する特別協定(SMA)を締結し、韓国人労働者の人件費など在韓米軍維持費用の一部を韓国が負担している。

 両国は3月、韓国の19年の駐留経費負担額を前年比8.2%増の1兆389億ウォンとする新協定に署名した。この協定は今年いっぱいで満了となるため、原則として年内の交渉妥結が求められる。

2019/10/24 09:03配信  Copyright 2019(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.