李洛淵氏 首相在職日数が民主化後最長に=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
李洛淵氏 首相在職日数が民主化後最長に=韓国
李洛淵氏 首相在職日数が民主化後最長に=韓国

韓国の李洛淵首相(資料写真)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相の在職日数が28日で881日(2年4か月27日)となり、1987年10月に大統領直接選挙制が導入されて以来、最長を更新する。これまでは金滉植(キム・ファンシク)元首相(2010年10月1日~13年2月26日、880日)の在職日数が最も長かった。

 李氏は文在寅(ムン・ジェイン)政権最初の首相として17年5月31日に就任した。

 朴槿恵(パク・クネ)前政権で首相を務めた3人の在任期間はいずれも2年を超えなかった。

 李氏は「内閣の軍紀班長」とのあだ名がつけられるほど官庁別の懸案にきめ細かく取り組むとともに、文大統領を補佐して安定的に国政を運営しているとの評価を受けている。

 国会では野党議員の攻勢に反撃する姿が話題になるなど、与党陣営の次期大統領候補として支持率トップを走っている。

 22~24日には天皇が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に合わせ日本を訪問する予定で、安倍晋三首相や財政界要人と面会し、両国関係改善に向けた触媒役を務める。韓国政府で代表的な「知日派」とされる李氏が今回の訪日を契機に関係改善の糸口を見いだすことができれば、李氏の存在感は一層大きくなるとみられる。

 来年4月には国会議員総選挙を控えており、年末から来年初めまでに李氏の去就に関心が集まりそうだ。

 政界では李氏が党に復帰し、総選挙での与党の勝利に向け役割を果たすとの見方が依然ある。ただ、後任の国会人事聴聞会が総選挙に影響を与える可能性があり、李氏が内閣に残るべきとの意見も出ている。

2019/10/17 10:03配信  Copyright 2019(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2019/10/17 10:32


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.