華城連続殺人事件の容疑者、殺人14件・強姦30件を自白も「被疑者」転換できず

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
華城連続殺人事件の容疑者、殺人14件・強姦30件を自白も「被疑者」転換できず
華城連続殺人事件の容疑者、殺人14件・強姦30件を自白も「被疑者」転換できず

華城連続殺人事件の容疑者、殺人14件・強姦30件を自白も「被疑者」転換できず(画像:news1)

 華城連続殺人事件の犯人であることを認めたイ・チュンジェが、被疑者への転換はなく、受刑者(別事件)のまま警察聴取を受ける。

 時効満了により、被疑者に転換するだけの「法的根拠がない」というのが、その理由だ。

 3日、法務部(法務省に相当)の関係者は「華城連続殺人事件の犯人であると自白したイ・チュンジェに対する時効は既に満了している。つまり、処罰されない」とし、「被疑者への転換はなく受刑者として、そのまま」と明かした。

 華城連続殺人事件の最後の事件は、クォン某氏(69)の遺体が発見された1991年4月。その後2015年、殺人罪の時効が完全に廃止される前、当時の殺人罪に対する時効は15年とされており、2006年に華城連続殺人事件に対する時効は全て満了となっている。

 しかし、イ・チュンジェが華城連続殺人事件とは別に華城地域で3件、忠清北道・清州地域で2件など5件の殺人事件と、およそ30件の強姦および強姦未遂容疑に対して追加で自白。これにより、イ・チュンジェが被疑者として扱われることになるのか注目されたが、これらも時効が満了となっている。

 法務部関係者は「万が一、イ・チュンジェが1994年以降に犯行に手を染めていたならば、警察は事件別に把握、検察に起訴意見で送致するだろうが、現時点ではイ・チュンジェが犯した全ての犯罪は時効を迎えている状況。そのため、処罰するだけの法的根拠がない」と説明した。

2019/10/03 10:33配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>