韓国 きょうのニュース(8月29日)

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国 きょうのニュース(8月29日)
韓国 きょうのニュース(8月29日)

テレビで中継された判決の模様を見守る市民=29日、ソウル(聯合ニュース)

◇朴前大統領らの審理差し戻し サムスントップに再び実刑か=最高裁

 韓国大法院(最高裁)は29日午後、長年の知人、崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀してサムスングループなどから多額の賄賂を受け取ったとして収賄罪などに問われた前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告(67)の上告審で、懲役25年、罰金200億ウォン(約17億4000万円)とした二審判決を破棄し、審理をソウル高裁に差し戻した。また、朴被告側への贈賄罪などに問われ、二審で懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受けたサムスングループ経営トップのサムスン電子副会長、李在鎔(イ・ジェヨン)被告(51)の判決も破棄し、高裁に差し戻すよう命じた。

◇20年度予算案9.3%増 景気下方リスクに対応

 韓国政府は臨時閣議を開き、513兆5000億ウォン(約44兆8000億円)の2020年度(1~12月)予算案を閣議決定した。19年度予算に比べ9.3%の増額。政府は9月3日に同予算案を国会に提出し、国会は法が定める期限となる12月2日までに審議・議決する。

◇韓日 ソウルで局長協議=外交的解決模索

 韓国外交部の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長と日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長による協議がソウルで開かれた。韓国が22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決め、日本は28日に輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」から韓国を除外する政令を施行し、両国の対立は一層深まっている。

◇選挙法改正案 与党が国会委で議決強行=野党は反発

 国会の政治改革特別委員会は議員定数(300)を維持するものの、小選挙区の議席を28減らして比例代表を増やし、比例の議席は政党得票率を基準に50%の連動率を適用して配分、残りの議席は現行のように政党得票率に比例して分ける「準連動型比例代表」の導入を柱とする選挙法改正案を賛成多数で可決した。ただ、最大野党・自由韓国党や一部野党の議員が改正案の採決に強く反発して棄権し、与野党の対立が不可避とみられる。

◇4歳以下の人口 初の200万人割れ=70歳以上は500万人突破

 統計庁が発表した「人口住宅総調査」によると、2018年11月1日時点の韓国の総人口は5163万人となり、前年比で約21万人(0.4%)増えた。0~4歳の人口は197万人で、1955年に統計を取り始めてから初めて200万人を割り込んだ。一方、70歳以上の人口は506万で初めて500万人を上回り、少子高齢化が急速に進んでいる実態が浮き彫りになった。

2019/08/29 18:00配信  Copyright 2019(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.