韓国中小業者団体「日本製品の販売中止」 不買運動拡大

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国中小業者団体「日本製品の販売中止」 不買運動拡大
韓国中小業者団体「日本製品の販売中止」 不買運動拡大

会見を行う総連合会のメンバーら=5日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】日本政府が半導体やディスプレーの材料3品目の対韓輸出規制を強化したことを受け、韓国で日本製品の不買運動が起きるなど、反発が強まっている。韓国中小商人自営業者総連合会は5日、ソウルの日本大使館前で記者会見を開き、日本の対韓輸出規制強化への対抗措置として、日本製品の販売を中止すると発表した。

 総連合会は韓国マート協会や全国中小流通商人協会など27団体で構成されている。

 総連合会は「輸出制限措置は日本の侵略行為により発生した慰安婦、強制徴用賠償問題への報復」として、「中小商人や自営業者は過去の歴史を反省せず、貿易報復を画策する日本の製品の販売中止に突入する」と宣言した。

 また、「単に日本製品を買わない運動を超え、販売中断を始める」と表明。一部の自営業者らはすでに日本製のタバコやビール、コーヒーなどを返品し、販売中止に乗り出したと主張した。韓国マート協会の加盟店約200店は自発的に日本製品の返品や発注中止を行い、コンビニエンスストアやスーパーなどで日本製品の販売中止の動きが広がっているという。

 その上で、「消費者は少し不便を感じても、こうした運動に参加してほしい」と呼びかけた。

2019/07/05 14:04配信  (C)YONHAP NEWS 最終更新:2019/07/05 16:05


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.