ハンガリー遊覧船事故の救助難航 韓国人客いまも19人不明

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ハンガリー遊覧船事故の救助難航 韓国人客いまも19人不明
ハンガリー遊覧船事故の救助難航 韓国人客いまも19人不明

事故現場で捜索活動を行う現地当局=(AP=聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】ハンガリーの首都ブダペストを流れるドナウ川で29日夜(日本時間30日未明)に韓国人33人が乗船した遊覧船が沈没する事故の発生から一夜明けた30日、事故現場では行方不明者の救助活動が続いている。ただ、新たに救助された人はおらず、引き揚げられた遺体もなく、韓国人19人を含む行方不明者を発見できずにいる。

 現地メディアの報道によると、ハンガリー当局は30日午前(現地時間)現在、ドナウ川一帯で前日午後9時ごろ大型船に追突された後に沈没したとされる遊覧船「HABLEANY」(ハンガリー語で人魚)の搭乗者を捜索中だ。

 遊覧船に乗っていたのは35人で、韓国人は観光客30人とソウルから同行した引率者1人、現地ガイド2人の計33人だった。韓国人のうち7人の死亡が確認され、7人が救助されたが、19人は行方不明となっている。ハンガリーの現地乗務員2人も行方不明という。

 ハンガリー当局は生存者の捜索のため消防士96人を動員し、レーダーを搭載した探知機など特殊な装備を使用していると説明した。また軍や水上警察も救助に加わり、潜水士など数十人が救助活動を行っているという。現場には救急車17台が投じられた。

 現地メディアによると、当局は救助と捜索の範囲をハンガリー内のドナウ川全域に拡大した。またハンガリー内のドナウ川では救助船を除き、船舶の通行が規制された。

 事故発生現場から下流にある橋の上で撮影中だった映画製作スタッフが照明器具を使って川を照らすなど、民間も救助に協力しているという。

 懸命の捜索が続いているものの、最近の豪雨により水の流れが速く、水かさが増していることに加え、風も強く、救助作業は困難を極めているもようだ。

 沈没した遊覧船は事故発生現場に近いマルギット橋から3メートルほど離れた地点の川底で発見され、ハンガリー当局は引き揚げ作業に取りかかった。だが、川の水位が上がっており、本格的な引き揚げをいつ開始できるかは不透明だという。

2019/05/30 21:03配信  Copyright 2019(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.