韓国大統領府「在韓米軍の公式立場ではない」=“北飛翔体は弾道ミサイル”結論報道受け

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国大統領府「在韓米軍の公式立場ではない」=“北飛翔体は弾道ミサイル”結論報道受け
韓国大統領府「在韓米軍の公式立場ではない」=“北飛翔体は弾道ミサイル”結論報道受け

韓国大統領府「在韓米軍の公式立場ではない」=“北飛翔体は弾道ミサイル”結論報道受け

 韓国青瓦台(大統領府)は17日、北朝鮮が去る4日と9日に発射した飛翔体3発と関連し、在韓米軍が「同一種類の新型短距離弾道ミサイル(SRBM)」と暫定的な結論を出し「KN-23」と命名したとの報道について、否定した。

 青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長はこの日会見を通じて「一部マスコミ報道を見たが、これは在韓米軍司令部の公式立場ではない」と述べた。

 続けて「韓米政府として現時点での公式立場は『今回、北朝鮮が発射した短距離飛翔体を両国政府が緊密に分析中』というもの」と述べた。

 この日、一部メディアは北朝鮮が最近発射した飛翔体について、在韓米軍は「新型短距離弾道ミサイルと暫定結論を下した」と報道した。

 さらに、このような評価結果は米国インド太平洋司令部を経て、米国防総省に公式報告され、韓国軍とも共有されたと伝えた。

2019/05/17 10:48配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 最終更新:2019/05/17 10:50


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.