韓国 きょうのニュース(4月18日)

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国 きょうのニュース(4月18日)
韓国 きょうのニュース(4月18日)

韓国銀行の李柱烈総裁=18日、ソウル(聯合ニュース)

◇今年の経済成長率 2.5%に下方修正

 韓国銀行(中央銀行)は、今年の国内総生産(GDP)成長率の見通しを今年1月の2.6%から2.5%に下方修正した。消費者物価上昇率の見通しは1.4%から1.1%に引き下げた。李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁は、下方修正の背景について「1~3月期の輸出と投資の流れが当初の予想より不振だった点を反映した」と説明した。

◇金正恩氏 中国経由しロシア訪問か

 中国・北京の消息筋によると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が来週、ロシア極東ウラジオストクを訪問し、プーチン大統領と首脳会談を行う。列車を利用してロシア入りする場合、平壌から中国の図們、琿春を経由してウラジオストクに向かう可能性が高いとみられ、米朝非核化交渉が難航する中で中国とロシアが北朝鮮の後ろ盾になっていることを対外的に示す外交戦略と分析される。

◇北朝鮮が新型地対地誘導兵器を開発か 韓国軍「分析中」

 北朝鮮の国防科学院が17日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の立ち会いの下で射撃実験を行った「新型戦術誘導兵器」の種類を巡り、さまざまな分析が出ている。北朝鮮メディアは18日、金委員長が同実験を視察したことを報じた。韓国軍当局はこれについて「精密に分析中」と具体的な言及を控えているが、軍関係者らの話をまとめると、北朝鮮が射撃実験を実施した戦術誘導兵器は飛行高度が低く、射程が短いという。その代わり、飛行速度は速いとされる。

◇元法務部次官の性接待疑惑 検察が関連先を家宅捜索

 法務部の金学義(キム・ハクウィ)元次官が2013年に建設業者から性的な接待を受けたとされる疑惑を再調査している検察過去史委員会の捜査団は、青瓦台(大統領府)の民情首席秘書官室が警察の捜査を妨害したとみて警察庁とソウル・瑞草警察署にあった当時の捜査記録を押収した。また、世宗市の大統領記録館にも捜査員を派遣し、朴槿恵(パク・クネ)政権時代に作成された文書を確認した。検察は押収した資料を基に、警察が金元次官の疑惑について通報を受けてから正式な捜査を始めるまでの過程を確認する一方、青瓦台民情首席室にいつ、どのように報告したかを調べる方針だ。

2019年4月18日18時0分配信 (C)YONHAP NEWS


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.