<フィギュア>イム・ウンス、四大陸選手権女子SP4位の好スタート

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
<フィギュア>イム・ウンス、四大陸選手権女子SP4位の好スタート
<フィギュア>イム・ウンス、四大陸選手権女子SP4位の好スタート

<フィギュア>イム・ウンス、四大陸選手権女子SP4位の好スタート(提供:news1)

 フィギュアスケートのイム・ウンス(15)が初出場した四大陸選手権でショートプログラム4位につけた。

 イム・ウンスは8日(日本時間)米国・カリフォルニア州アナハイムで行われた2019ISU四大陸選手権初日女子シングルショートプログラム(SP)で69.14点(技術点38.58点、芸術点31.56点、減点1点)を記録し、22人中4位をマークした。

 パーソナルベストである69.78点にわずか0.64点足りなかった。

 ブラディー・テネル(米国)が73.91点で1位となり、日本の坂本花織(73.36点)、米国のマライア・ベル(70.02点)が後に続いた。

 4位につけたイム・ウンスとマライア・ベルの差はわずか0.88点で、フリースケーティング(FS)の結果によってはメダル獲得が期待できる。

 四大陸選手権で韓国の選手が表彰台にあがったのはキム・ヨナ(2009年女子シングル優勝)が唯一だ。

 一方、キム・イェリム(16)は64.42点で9位、キム・ハヌル(16)は51.44点で17位だった。
2019年2月8日10時29分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.