韓国 きょうのニュース(11月20日)

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国 きょうのニュース(11月20日)
韓国 きょうのニュース(11月20日)

青瓦台で開かれた「反腐敗政策協議会」で発言する文大統領=20日、ソウル(聯合ニュース)

◇文大統領がG20出席へ トランプ氏との会談も調整

 青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は記者会見で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月末からアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席すると発表した。青瓦台はG20首脳会議に合わせ、文大統領とトランプ米大統領の会談も調整している。

◇強制徴用訴訟などで司法の独立性侵害 与党が現職裁判官の弾劾訴追推進へ

 19日に開かれた各級裁判所の代表裁判官が参加する「全国法官代表会議」で、政権の意向を受け、日本による植民地時代に強制徴用された被害者らが日本企業を相手取り損害賠償を求めた訴訟の判決を先送りするなど、司法の独立性を侵害した現職裁判官を弾劾訴追するよう求めたことについて、与党「共に民主党」の洪永杓(ホン・ヨンピョ)院内代表は「司法改革に賛同する野党と協議し、特別裁判部の設置と弾劾訴追議論を始める」との方針を示した。

◇北朝鮮 撤去対象の非武装地帯監視所10カ所を爆破

 北朝鮮が試験的に撤去することで韓国と合意した非武装地帯(DMZ)内の監視所(GP)10カ所を爆破した。南北は9月19日に署名された軍事分野合意書で、年末までにそれぞれ11カ所のGPを試験的に撤去することで合意。その後の将官級軍事会談と文書のやり取りを通じ、保存価値のある南北各1カ所を元のまま保存することで一致した。

◇与野党 国会正常化合意に至らず

 最大野党「自由韓国党」や「正しい未来党」などが公共機関の採用不正問題に関する国政調査を求め、与党が受け入れるまで国会審議を拒否する方針を決めたことを巡り、与野党の院内代表が会合を開いたが合意には至らなかった。

◇今週中にも慰安婦財団の解散発表 政府高官

 政府高官は、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意に基づき設立された慰安婦被害者支援のための「和解・癒やし財団」の取り扱いについて、「今週中に財団の解散決定を発表することを関係官庁(女性家族部)で検討している」と明らかにした。日本政府が財団に拠出した10億円の扱いに関しては、日本との協議を経て決定する予定のため発表内容には含まれないと伝えた。

2018/11/20 18:00配信  Copyright 2018(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.