韓国兵務庁、芸術・体育人の奉仕活動実績調査を開始…チャン・ヒョンス(サッカー)の不正受け

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国兵務庁、芸術・体育人の奉仕活動実績調査を開始…チャン・ヒョンス(サッカー)の不正受け
韓国兵務庁、芸術・体育人の奉仕活動実績調査を開始…チャン・ヒョンス(サッカー)の不正受け
韓国兵務庁、芸術・体育人の奉仕活動実績調査を開始…チャン・ヒョンス(サッカー)の不正受け
 奉仕活動の実績を操作し物議となった男子サッカー、元韓国代表チャン・ヒョンス(27、FC東京)の事例再発を防ぐため、韓国兵務庁が芸術・体育要員に対する関連調査を開始した。

 キ・チャンス兵務庁長は先月29日、国会国防委員会国政監査でチャン・ヒョンスに関連し全面実態調査を実施するとの立場を明らかにしていた。

 兵務庁は5日、「文化体育観光部と合同で専門チームを構成し、調査を開始した」とし、「きょう(5日)から30日までで、必要な場合は延長する」と述べた。また、今回の調査は2015年7月1日以後の芸術・体育要員制度施行編入者から適用すると説明した。奉仕時間や内容、証拠書類の管理実態、提出期日の遵守可否などを重点的に点検し、疑惑発見時には厳重措置を取る方針だ。

 芸術・体育要員の奉仕活動は芸術・体育要員が社会に貢献できる機会を与え、兵役履行の公平性を確保するために義務化している。彼らは4週間の軍事教育召集を終えた後、義務服務期間の34か月内に社会的脆弱階層や青少年らを対象に合計544時間の特技活用奉仕活動をしなければならない。

 キ兵務庁長は「今後、同様の事例が発生しないよう、制度改善対策を準備する予定」と伝えた。
2018年11月5日10時22分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.