韓国 きょうのニュース(7月23日)

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国 きょうのニュース(7月23日)
韓国 きょうのニュース(7月23日)

魯会燦氏(資料写真)=(聯合ニュース)

◇野党幹部・魯会燦氏が飛び降り自殺か

 韓国の警察によると、23日午前9時40分ごろ、進歩(革新)系野党・正義党の魯会燦(ノ・フェチャン)院内代表がソウル市内のマンションの入り口脇で倒れて死亡しているのを警備員が見つけ、警察に通報した。遺書とみられる書き置きが見つかっており、警察は魯氏がマンションから飛び降りたとみて捜査している。魯氏はインターネット世論操作疑惑で捜査対象となっている進歩系与党・共に民主党の元党員(起訴済み)から政治資金を受け取った疑いがもたれていた。

◇過去最悪の猛暑か 94年の記録に迫る

 気象庁によると、23日朝の最低気温は江陵で31.0度を記録し、1907年に統計を取り始めてから最も高い気温を更新した。ソウルの朝の最低気温も29.2度と、94年の28.8度を抜いて観測史上最高となった。81年から2010年までの30年間に最高気温が33度以上の猛暑の日は7月に平均3.9日だったが、今年は94年の18.3日を超える可能性もある。熱帯夜の日数も、これまで最も多かった94年の8.9日を上回りそうだ。

◇中国 韓日欧製の鉄鋼製品を反ダンピング調査

 中国商務省は、韓国、日本、欧州連合(EU)、インドネシア産のステンレス製品を対象に反ダンピング(不当廉売)調査に着手したと明らかにした。4カ国・地域の製品の中国市場でのシェアが14~17年に50%を超えたためだと説明している。中国では昨年、該当製品の輸入量全体のうち、この4カ国・地域からの輸入量が98%を占めた。

◇大統領府に自営業の担当部署新設 文在寅氏が方針

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、下半期の経済政策に関して現場の声を直接聞くとして、青瓦台に自営業担当の秘書官室を新設する方針を明らかにした。文大統領は、これまで自営業は中小企業の一部分として扱われてきたが、自営業者の規模が600万人に迫り、無給の家族を含めると就業者全体の25%に達するとして賃借人の保護、各種手数料の軽減、地元商圏の保護などの問題について総合対策を講じると説明した。

◇小説家・崔仁勲氏死去 南北分断の現実描く

 韓国文学史に大きな足跡を残した小説家の崔仁勲(チェ・インフン)さんが23日午前、大腸がんのため京畿道高陽市の病院で死去した。84歳だった。1934年(公式の出生記録は36年)に現在の北朝鮮・咸鏡北道会寧市に生まれ、高校在学中に朝鮮戦争が勃発して韓国へ渡った。ソウル大法学部を中退後、軍服務中に書いた短編小説「グレー倶楽部顛末記」(原題)で59年に文壇デビュー。代表作の「広場」をはじめ、イデオロギーが対立する分断の現実を文学的に省察した作品で知られた。

2018/07/23 18:00配信  Copyright 2018(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.