「究極のエコカー」FCV 路線バスに初導入=ソウル市で来月から

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
「究極のエコカー」FCV 路線バスに初導入=ソウル市で来月から
「究極のエコカー」FCV 路線バスに初導入=ソウル市で来月から
FCVバス(現代自動車提供)=(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は9日、水素を燃料とする燃料電池車(FCV)のバスが、瑞草区・廉谷洞と梨泰院、南山、市庁、崇礼門(南大門)などを結ぶ405番路線で来月から運行する計画だと明らかにした。バスは現代自動車から無償で提供される。

 同市によると、FCVバスが一般道で運行されるのは韓国で初めて。

 FCVは、水素が空気中の酸素と結合して生み出される電気エネルギーを動力とする。空気を吸い込んで排気する際に粒子状物質を浄化する効果も備え、「究極のエコカー」と呼ばれる。

 ソウル市は当初、麻浦区・上岩洞と光化門を結ぶ470番バスにFCVを導入しようとしたが、運行に適した水素スタンドの設備が整っておらず、405番に変更した。

 同市はFCVバスの導入に合わせ、9月から電気自動車(EV)の市内バス30台を、興仁之門(東大門)、崇礼門、粛靖門(北大門)、敦義門(西大門)のソウル4大門の内側、16.7平方キロメートルの「グリーン交通振興地域」を往来する路線に導入する予定だ。

2018年7月9日10時1分配信 (C)YONHAP NEWS

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.