<2018W杯>“今夜、韓国との最終戦”ドイツ監督、ソン・フンミンに警戒「全員で止める」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
<2018W杯>“今夜、韓国との最終戦”ドイツ監督、ソン・フンミンに警戒「全員で止める」
<2018W杯>“今夜、韓国との最終戦”ドイツ監督、ソン・フンミンに警戒「全員で止める」

<2018W杯>“今夜、韓国との最終戦”ドイツ監督、ソン・フンミンに警戒「全員で止める」

 ディフェンディングチャンピオンであり韓国の組別最終戦の相手であるサッカードイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督(58)が韓国戦を控え、“カウンター攻撃”に備えなければと述べた。韓国のエース、ソン・フンミン(25、トッテナム・ホットスパー)については「1人で止めない」との言葉で警戒心を示した。

 韓国とドイツは27日午後5時(日本時間:27日午後11時)、ロシアのカザン・アリーナで「2018 FIFAワールドカップ ロシア」F組最終第3戦をおこなう。

 韓国は2敗で最下位にとどまっており、ドイツは第1戦敗北後、第2戦でスウェーデンを破り勢いに乗っている。2チーム共、ベスト16の可能性が残されているため、互いに勝負に出るものと見られる。

 レーヴ監督はまず、韓国がたった1%の希望であっても最善を尽くすとの覚悟について「わたしは確率のことはよく分からない。わたしたちの(ベスト16進出)確率もよく分からない」と述べた。重要なのは韓国戦ではなく“前に”という意だった。

 また、「わたしたちは2ゴール差以上で勝利すれば自力でトーナメントに進める。わたしはいま、それだけを考えている」としながら、「競技力を高めるため何をしなければならないか悩んでいる。わたしたちはいまから勝ちにいかなければ」と意気込んだ。気をつけるべき点は韓国の“カウンター攻撃”だった。

 レーヴ監督は「韓国にはソン・フンミン以外にもカウンター攻撃ができる選手たちがいる。特に速い選手が2人ほどいる」とし、「そういう相手のカウンター攻撃に備えなければならない。メキシコ戦ではミスがあり、スウェーデン戦では少し改善したが、変わらずミスがあった。一層準備しなければ」と語った。

 続けて「ソン・フンミンを個人では防がない。ソン・フンミンはピッチ全体を縫うスタイルだ。全員が気を使うべきところ」と警戒した。
2018/06/27 11:49配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.