ロッテ経営権巡る兄弟対決再び 今月末にHD株主総会

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ロッテ経営権巡る兄弟対決再び 今月末にHD株主総会
ロッテ経営権巡る兄弟対決再び 今月末にHD株主総会

辛東主氏(左)と辛東彬氏(資料写真)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】ロッテグループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の長男、辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)元ロッテホールディングス(HD、本社・東京)副会長と次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)韓国ロッテグループ会長が再び経営権を巡り対決する。

 ロッテHDは今月末の定時株主総会で、東彬氏と佃孝之ロッテHD社長の取締役解任と東主氏の取締役選任議案を諮る。いずれも東主氏が提出した株主提案だ。株主総会は29日または30日にロッテHD本社で開かれるとみられる。

 2015年7月に経営権争いが表面化してから東主氏と東彬氏がロッテHDの株主総会で対決するのは5回目となる。過去4回の対決では東彬氏が勝利し、経営権を維持してきた。

 しかし、今回の株主総会は初めて東彬氏の不在中に開かれ、東主氏の経営権奪還の試みがどのように展開されるか注目される。

 東彬氏は朴槿恵(パク・クネ)前大統領とその友人への贈賄罪に問われ、今年2月の一審判決で懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡された。その後、ロッテHDの代表取締役を辞任したが取締役としてはとどまっている。

 東主氏は実刑判決を受けた東彬氏が取締役にとどまる資格がないとしながら、自身を取締役に選任するよう取締役陣を説得しているという。
ロッテ経営権巡る兄弟対決再び 今月末にHD株主総会

韓国ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長が、前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告の長年の友人・崔順実(チェ・スンシル)被告の控訴審に証人として出席した。辛氏は両被告への贈賄罪に問われ、一審で実刑判決を受けて身柄を拘束

今回の株主総会はこれまでとは異なり自身に有利な状況だと判断しているようだ。

 東主氏側の関係者は聯合ニュースに取材に対し「日本企業は犯罪行為に対して厳格だ。(東彬氏が)日本人だったら取締役の資格を維持できないのが現地の慣例だ」と述べ、東彬氏解任の正当性を主張した。
ロッテ経営権巡る兄弟対決再び 今月末にHD株主総会

朴槿恵(パク・クネ)前政権で起こった国政介入事件でソウル中央地裁は13日、贈賄罪に問われたロッテグループ会長の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)被告に懲役2年6カ月(求刑4年)の実刑を言い渡した。判決を受け、辛被告は拘束された。護送



 韓国ロッテグループは、ロッテHD内部の東彬氏に友好的な雰囲気に大きな変化はないとみている。しかし、東彬氏不在の状態で株主総会が開かれることについて懸念を示している。

 東彬氏は過去4回の株主総会のたびに1週間から10日間ほど日本に滞在しながらロッテHDの大株主や取締役陣と会って自身の経営力や意志を強調し、疑惑があれば積極的に解消してきた。先ごろ裁判所に保釈を申請したのも株主総会での経営権防御が最大の理由であるとされる。

 東彬氏の影響下にある韓国ロッテグループの役員らはロッテHDの取締役陣に対し東彬氏への変わらぬ支持を訴えているという。

 同グループ関係者は「根本的にロッテHD取締役会の雰囲気に大きな変化はなさそうだが、辛会長が株主総会を欠席するのは今回が初めてという部分は心配だ」と話している。

2018/06/17 14:03配信  Copyright 2018(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフンら韓国オールスターキャスト出演!  今まで誰も見たことがない冥界ファンタジー・アクション「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」2019年11月6日[水]BD/DVDリリース!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>