<2018W杯>韓国代表”エース”ソン・フンミンが”末っ子”イ・スンウを叱責も、その裏には「僕と同じ思いはさせたくない」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
<2018W杯>韓国代表”エース”ソン・フンミンが”末っ子”イ・スンウを叱責も、その裏には「僕と同じ思いはさせたくない」
<2018W杯>韓国代表”エース”ソン・フンミンが”末っ子”イ・スンウを叱責も、その裏には「僕と同じ思いはさせたくない」
<W杯>韓国代表”エース”ソン・フンミンが”末っ子”イ・スンウを叱責も、その裏には「僕と同じ思いはさせたくない」
 いつの間にか、韓国代表の”顔”となったエース=ソン・フンミン(25)の目に、末っ子=イ・スンウ(20)はどのように映っているのだろうか。

 ソン・フンミンは去る6日、海外トレーニングを実施しているオーストリアでインタビューに応じ、イ・スンウについて「スンウはまだ子ども。たまに幼稚な面をみせることもあるよ」と笑った。

 4年前、ブラジルワールドカップでは末っ子だったソン・フンミンだが、いまやチームの主力選手に成長した。そんな彼の目に、イ・スンウの行動が時には”世間知らず”に映るのだという。

 実際に、イ・スンウは1998年うまれ。ことし満20歳だ。現韓国代表チームの中で末っ子であり、先月28日に開かれたホンジュラス戦がAマッチデビュー戦だった。

 イ・スンウはルームメイトのファン・ヒチャン(22)にいたずらを仕掛けることも多く、スタッフとも壁をつくらず和気あいあいと過ごしている。代表チームに新たな風を吹き込むムードメーカー的な存在だ。しかし、時に度を越えた悪ふざけを見せ、それを注意するのはソン・フンミンだった。

 前出のとおり、ブラジルワールドカップ当時はソン・フンミンがチーム最年少だった。しかし、彼の行動は子どもではなかった。すでに代表チームの雰囲気を認知し、適応し終えた時期だったからだ。雲の上のような存在の先輩たちに囲まれ、自身がすべきことを知っていた。さらに、ワールドカップという舞台の重さを誰より理解していた。

 当時、ソン・フンミンは組別予選2試合目のアルジェリア戦で、ワールドカップ初得点を記録。しかしベルギー戦に敗れ、ベスト16進出を逃して涙を流した。「末っ子として、僕の責任を果たすことができず悔しいし、本当に申し訳ない」と号泣し、「次のワールドカップまで完ぺきに準備する」と真っ赤な目で国民に誓った。

 25歳になったソン・フンミンは、最年少のイ・スンウを見て自分と重ねながら「悪ふざけするスンウを叱ることもある」とし、「練習場では一生懸命にトレーニングし、先輩の後ろに一歩下がることも大事」とアドバイスしている。

 この言葉の中には、4年前、自身が経験したつらい記憶をスンウには経験させたくない、という先輩としての思いが隠されていた。

2018年6月7日15時14分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.