韓国 きょうのニュース(5月17日)

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国 きょうのニュース(5月17日)
韓国 きょうのニュース(5月17日)
文大統領=(聯合ニュース)
◇朝米の不協和音に青瓦台「積極的に仲裁役果たす」

 北朝鮮の一方的な延期通告で16日の南北閣僚級会談開催が白紙化するや、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と青瓦台(大統領府)が朝米(米朝)間の積極的な仲裁に乗り出した。非核化の方法を巡る朝米の隔たりが表面化し、介入の必要性を感じているようだ。北朝鮮が閣僚級会談の延期を通告した16日には「真意の把握が先」と慎重だった青瓦台は、17日になって沈黙を破った。青瓦台関係者はこの日、「(22日の)韓米首脳会談でわれわれが把握する北の立場を十分に伝えた後、北にも米国の立場と見解をしっかり伝える」と述べ、仲裁役を果たす姿勢を強調した。

◇ボルトン氏の強硬姿勢に北朝鮮反発 トランプ氏の対応は

 史上初の首脳会談を控え北朝鮮と米国の駆け引きが激しさを増すなか、米外交関係者の視線はボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)に向けられている。対話相手の北朝鮮が強硬派のボルトン氏を交渉の障害と名指しで批判し、来月12日の朝米首脳会談を「ボイコット」する可能性を警告したためだ。トランプ米大統領がボルトン氏の主唱する強硬な対北朝鮮交渉路線を取るか、あるいは戦略的柔軟性を発揮するかが会談の成否と朝米関係の進展に決定的影響を与えるとみられ、トランプ氏の対応が注目される。

◇文大統領 革新成長へ「大胆な規制緩和必要」

 文在寅大統領は17日、ソウル市内の研究・開発(R&D)団地で開かれた「革新成長報告大会」で、「(政府が目指す)革新成長の障害となる規制の革新をさらに加速させるべきだ」と述べ、大胆な規制緩和の必要性を強調した。文大統領は、新産業育成のため新たな製品やサービスに対する規制適用を一定期間免除する「規制サンドボックス」に関連した法改正案の成立に向けた国会や政府の協力を促した。また、革新成長は民間が主導するものだが、初期の市場形成のためには公共部門で需要を増やす必要があると指摘し、需要開拓へ政府や自治体が役割を果たすよう求めた。

◇北朝鮮への食糧支援 米政府が国連の提案拒否 

 国連が要請した北朝鮮への食糧支援を米国政府が拒否したことが分かった。米誌フォーリン・ポリシーによると、国連世界食糧計画(WFP)のビーズリー事務局長が4月に米政府高官に対して北朝鮮食糧支援プログラムに米政府も参加するよう提案したが、拒絶されたという。北朝鮮が朝米首脳会談の中止の可能性も示唆している現在の状況で、北朝鮮への支援は時期尚早というのが米国の立場だ。

◇外務次官がG20出席へ 北朝鮮非核化・平和定着へ支持要請

 韓国外交部は、趙顕(チョ・ヒョン)外交部第2次官が20〜21日(現地時間)にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)外相会合に、康京和(カン・ギョンファ)長官の代理で出席すると発表した。趙次官は会合で4月27日に行われた南北首脳会談の主な結果を説明し、会談の成果を朝米首脳会談の開催成功につなげて北朝鮮の完全な非核化と朝鮮半島の平和定着を実現するため、各国に支持を要請する計画だ。

2018年5月17日18時0分配信 (C)YONHAP NEWS

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.