韓国 きょうのニュース(4月26日)

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国 きょうのニュース(4月26日)
韓国 きょうのニュース(4月26日)

文大統領と金委員長(コラージュ)=(聯合ニュース)

◇27日9時半に南北首脳が初対面 午前と午後に会談

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は27日、午前9時半に軍事境界線がある板門店で初対面し、午前と午後に計2回の首脳会談を行う。両首脳は午後の会談の後、合意文に署名し、南北はこれを発表する予定だ。韓国の首脳会談準備委員長を務める青瓦台(大統領府)の任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長が26日、ソウル郊外のメインプレスセンターで首脳会談の日程を発表した。

◇金正恩氏 事故で負傷の中国人客を見送り

 北朝鮮で多くの中国人観光客が死傷した交通事故を受け、金正恩委員長が負傷者と遺体の本国移送のための専用列車編成を命じ、自ら平壌駅に出向き列車を見送った。朝鮮中央通信が26日に報じた。金委員長は25日夜、列車出発前に負傷者を見舞い、李進軍・駐北朝鮮中国大使に犠牲者の遺族に対する哀悼と謝罪の意を表明した。北朝鮮の最高指導者が国内で発生した事故について公に責任を認める姿勢を見せたのは異例といえる。

◇朝鮮半島の平和定着へ 市民の期待高まる

 南北首脳会談を翌日に控え、韓国市民は朝鮮半島の平和定着に対し期待感をふくらませている。長らく続く休戦体制下で行われる首脳会談の成功を期待し、平和が定着すれば北朝鮮で事業を行ったり、旅行に行ったりしたいと願う声が会員制交流サイト(SNS)や青瓦台のホームページに投稿されている。このほか、市民団体や学生団体なども好ムード醸成の動きを見せている。一方、南北首脳会談に反対する保守系市民団体は、会談当日にソウル市内で抗議集会を行う予定だ。

◇不法操業の中国漁船 黄海から消える 

 西海(黄海)の韓国海域で不法操業を行ってきた中国の漁船が近ごろ姿を見せず、同海域は平穏を取り戻している。今月16日から禁漁期に入った上、水温の上昇で魚の味が落ち、操業を中断しているためだ。海洋警察の関係者は「約1000隻の中国漁船が姿を消した」と話す。これを受け、海洋警察は魚釣り船など市民が利用する船舶の事故予防や護送など安全管理業務に専念している。

◇大統領府の機密文書漏えい 元秘書官の実刑判決が確定 

 韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告に青瓦台の機密文書を渡した公務上秘密漏えい罪などに問われた青瓦台元付属秘書官のチョン・ホソン被告に対する判決公判で、大法院(最高裁)は懲役1年6カ月を言い渡した二審判決を支持し、刑が確定した。

2018/04/26 18:00配信  Copyright 2018(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>