韓国 けさのニュース(4月20日)

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国 けさのニュース(4月20日)
韓国 けさのニュース(4月20日)

文大統領(左)と金委員長は首脳会談の前に最初の通話をすることになっている(コラージュ)=(聯合ニュース)

◇南北首脳間の直通電話 きょう開通

 南北の首脳を結ぶホットライン(直通電話)が20日、開通する。韓国の青瓦台(大統領府)と北朝鮮の国務委員会に設置され、開通後に実務者がテスト通話を非公開で行う予定だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は来週、南北首脳会談の前に最初の通話をすると見込まれる。

◇与党党員ネット世論操作の捜査 大統領府高官「国会の決定に従う」

 韓国与党「共に民主党」の国会議員の関与が取り沙汰されている与党党員によるインターネット上での世論操作を巡り、野党が真相解明に向け政府から独立して活動する特別検察官による捜査を要求したことに対し、青瓦台(大統領府)高官は「青瓦台は国会の決定に従う」と述べた。この高官は「(特別検察官による捜査は)与野党の合意により、国会で決定することだ。われわれ(青瓦台)は特別検察官による捜査をするかどうかを決定する主体ではない」とした。

◇働きながら親や配偶者養うソウル市民 9割近くが女性

 ソウル市福祉財団が20日発表した報告書によると、働きながら体の弱い親や配偶者を養うソウル市民200人を分析したところ、こうした市民の88.5%が女性で、平均年齢は50.9歳と集計された。扶養の対象は女性が69.5%と男性より多く、平均81.3歳だった。扶養対象の高齢者の56.5%は認知症を患っている。

◇中国勢が来年からメモリー大量生産か 韓国大手2社警戒

 半導体関連情報サイトのDRAMエクスチェンジは20日、中国の半導体メーカー、長江ストレージ(YMTC)と睿力集成電路(イノトロン)、福建省晋華集成電路(JHICC)の3社が、下半期のテスト生産を経て2019年上半期に半導体メモリーの大量生産を開始する準備を終えたと伝えた。半導体メモリーの世界市場を主導する韓国のサムスン電子とSKハイニックスの緊張感が高まりそうだ。

◇仁川空港の免税店事業権 入札合戦へ

 韓国の仁川国際空港公社は20日午後、ロッテ免税店が事業権を返上した仁川国際空港第1ターミナル内の免税店区画の事業権入札に関する説明会を開く。国内外の9社が出席の意向を示したとされる。免税店を運営中か進出を準備する韓国の大企業はこぞって関心を示している。

2018年4月20日10時3分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.