上位30社の平均年収830万円 トップはSオイル=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
上位30社の平均年収830万円 トップはSオイル=韓国
【ソウル聯合ニュース】韓国リクルート情報サイトのサラムインは3日、国内の売上高上位30社のうち2017年事業報告書を提出した29社の社員の年収を分析した結果、平均年収は8300万ウォン(約830万円)だったと伝えた。

 社員の平均年収が最も高い企業は石油大手のSオイルで1億2000万ウォン。次いでサムスン電子が1億1700万ウォン、SKイノベーションが1億1100万ウォン、GSカルテックスが1億800万ウォン、SKテレコムが1億600万ウォン、LG商事が1億ウォンと、計6社が平均年収1億ウォンを上回った。起亜自動車(9300万ウォン)、現代自動車(9200万ウォン)、サムスン生命(9100万ウォン)、LG化学とサムスン物産(共に9000万ウォン)がトップ10に入った。

 29社のうち、昨年の男女別の平均年収を公表した企業を調査した結果、男性の平均年収は9000万ウォン、女性は6100万ウォンと集計された。女性の役員比率が男性よりはるかに低いことや男女の職務の差などが影響したとサラムインは説明している。

 男性社員の平均年収が最も高かったのはサムスン電子(1億2700万ウォン)で、次いでSKイノベーション(1億2100万ウォン)、LG商事(1億1600万ウォン)の順だった。

 女性社員の平均年収もサムスン電子(8800万ウォン)が最高で、SKテレコム(8000万ウォン)、SKイノベーション(7700万ウォン)と続いた。

2018/04/03 12:04配信  Copyright 2018(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.