[平昌五輪]11年ぶり南北合同入場 朝鮮半島旗掲げ

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
[平昌五輪]11年ぶり南北合同入場 朝鮮半島旗掲げ
[平昌五輪]11年ぶり南北合同入場 朝鮮半島旗掲げ
朝鮮半島旗を掲げて入場するウォン・ユンジョン(右)とファン・チュングム=9日、平昌(聯合ニュース)
【平昌聯合ニュース】韓国北東部・江原道の平昌オリンピックスタジアムで9日開かれた年平昌冬季五輪の開会式で、韓国と北朝鮮の選手団が合同入場した。国際大会の開会式での南北合同入場は2000年のシドニー五輪以来10回目で、07年の長春冬季アジア大会以来11年ぶり。旗手は韓国のボブスレー男子のウォン・ユンジョンと北朝鮮アイスホッケー女子のファン・チュングムが務め、朝鮮半島旗を掲げて入場した。

 これまでの国際大会では朝鮮半島旗を南北の旗手が一緒に持つことを原則に、韓国と北朝鮮が男女選手を交互に選出してきた。

 初めて南北合同入場を行ったシドニー五輪では韓国のバスケットボール女子のチョン・ウンスンと北朝鮮の柔道男子のパク・ジョンチョルが朝鮮半島旗を手に入場し、その後韓国と北朝鮮の男女選手が交互に旗手を務めてきた。

 前回南北合同入場を行った長春冬季アジア大会では韓国アルペンスキー女子のオ・ジェウン、北朝鮮アイスホッケー男子のイ・グムソンが旗手を務めたため、今回は韓国の男子選手、北朝鮮の女子選手が朝鮮半島旗を掲げて入場した。

2018年2月9日22時1分配信 (C)YONHAP NEWS

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.