昨年、ネットやSNSを介した麻薬犯が1100人…6年前の13倍に急増=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
昨年、ネットやSNSを介した麻薬犯が1100人…6年前の13倍に急増=韓国
昨年、ネットやSNSを介した麻薬犯が1100人…6年前の13倍に急増=韓国
韓国において、昨年、インターネットやSNSなどを経路に麻薬取引をおこない摘発された麻薬犯が1100人に達することが明らかになった。
 韓国において、昨年、インターネットやSNSなどを経路に麻薬取引をおこない摘発された麻薬犯が1100人に達することが明らかになった。2012年に86人だったのを比較すると、13倍にも膨れ上がっている。

 国会安全行政委員会所属ファン・ヨンチョル正しい政党議員が11日、警察庁から提出を受けた資料によると、インターネット・モバイルなど新種流通経路を利用した麻薬犯罪者数は2012年86人、2013年459人、2014年800人、2015年968人、2016年1120人で毎年増加している傾向だ。今年8月までに警察に摘発された人員も902人に達することが明らかになった。

 SNSなどを介した麻薬取引経路が多角化され、10代の青少年麻薬犯数も急上昇しているという指摘だ。2010年10人に過ぎなかった未成年者は昨年46人に増えた。特に未成年者は向精神性医薬品に手を付けた場合が多いことが分かった。昨年摘発された46人の大部分である38人が向精神性医薬品のヒロポン、ゾルピデムなどを取引し摘発され、大麻類は8人に留まった。

 全体の麻薬犯も毎年増加する傾向だ。警察は2012年に5105人、2013年に5459人、2014年に5699人、2015年に7302人、そして2016年には8853人の麻薬犯を捕まえた。警察は今年8月までにすでに6984人を検挙したと明らかにした。

 ファン議員は「オンラインなど新種流通経路を介した麻薬犯罪が広がり、麻薬清浄国の地位が揺れる恐れがある」とし、「関連機関を中心にした汎政府的協力を強化しなければならない」と指摘した。
2017年10月11日15時12分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら




韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.