<サッカー>“守備の不安露骨に”韓国、モロッコとの強化試合に1-3敗…欧州遠征2連敗

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
<サッカー>“守備の不安露骨に”韓国、モロッコとの強化試合に1-3敗…欧州遠征2連敗
<サッカー>“守備の不安露骨に”韓国、モロッコとの強化試合に1-3敗…欧州遠征2連敗
男子サッカー韓国代表が試合開始10分で2ゴールを許すなど守備への不安を露骨にし、モロッコに完敗した。
 男子サッカー韓国代表が試合開始10分で2ゴールを許すなど守備への不安を露骨にし、モロッコに完敗した。

 韓国は10日(日本時間)、スイスのティソ・アレナでおこなわれたモロッコとの強化試合に1-3で敗北を喫した。

 これで韓国はヨーロッパ遠征2試合で7ゴールを許し、2連敗となった。また、6試合連続で勝利をおさめられていない。韓国は去る3月28日、シリアとの2018 FIFAロシアW杯・アジア地域最終予選で1-0で勝利した後、3敗3分で勝利がない。シン・テヨン号がスタートしてからは2敗2分だ。

 シン・テヨン監督はこの日、スターティングメンバーに大きな変化を与えた。7日、ロシアとの強化試合に先発出場した11人のうち、ソン・フンミン、イ・チョンヨン、チャン・ヒョンスのみを残し、残り8人を入れ替えた。

 しかし、韓国は試合開始7分にモロッコのウサマ・タンナンに先制ゴールを許した。韓国のゴール前には6人のDFがいたが、3人のモロッコ攻撃陣を防げなかった。その3分後、タンナンに再び追加ゴールを決められた。タンナンはペナルティエリア内でセンターバック、ソン・ジュフンがこぼしたボールを捉え、そのまま左足シュートを決めマルチゴールを記録した。

 韓国ベンチは前半28分というはやい段階でナム・テヒ、キム・ボギョン、キム・ギヒをさげ、クォン・チャンフン、ク・ジャチョル、チョン・ウヨンを投入。同時にフォーメーションもスリーバックからフォーバックに変更した。その後、韓国は一時的に勢いを高めたが、得点には至らないまま前半を終えた。

 韓国は後半、チ・ドンウォンを外してファン・イルスを投入し、追撃意思を高めた。しかし、開始2分でイスマエル・エル・ハダドに3ゴール目を許し、点差をさらに広げるかたちとなった。

 その後、後半21分にク・ジャチョルが得たペナルティーキックをソン・フンミンが決め、1点を返したものの、挽回には至らなかった。
2017年10月11日9時57分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら




韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.