前政権の文書を新たに発見 「適法でない指示も」=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
前政権の文書を新たに発見 「適法でない指示も」=韓国
前政権の文書を新たに発見 「適法でない指示も」=韓国
朴洙賢報道官(資料写真)=(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は17日の記者会見で、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に大統領秘書室長が主宰した首席秘書官会議の内容をはじめとする1361件の文書を新たに発見したと明らかにした。

 朴報道官によると、14日に民政秘書官室で前政権時代の資料が発見されたとの報道を受け、政務首席室が放置された文書がないか自主的に再点検したところ、同日午後4時半ごろ、政務企画秘書官室で大量の文書を発見したという。 

 文書は前政権の政策調整首席室の企画秘書官が2015年3月2日から2016年11月1日まで作成した、秘書室長主宰の首席秘書官会議に関する254件をはじめ、計1361件に達する。現在254件の文書に対する分類と分析を終わらせ、残りの文書に対する作業が進められている。

 首席秘書官会議の結果に関する文書254件は大統領秘書室長が首席秘書官に指示した内容を整理したもの。文書が作成されたのは李丙ギ(イ・ビョンギ)氏や李元鐘(イ・ウォンジョン)氏が秘書室長を務めていた期間だった。

 文書の中にはサムスングループの経営権継承に関するもの、政権に批判的な芸術家や俳優ら文化・芸術界関係者や団体をリストアップした「ブラックリスト」に関するもののほか、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意や14年4月の旅客船セウォル号沈没事故、教科書の国定化などに関するものがあり、「適法ではない指示が含まれている」という。

 発見された文書は特別検察官に写しを提出し、原本は大統領記録館に移管される。

2017年7月17日19時1分配信 (C)YONHAP NEWS

この記事が気に入ったら



おすすめ情報
「EXO」から祝賀&応援メッセージ到着! 「僕たちの愛する『NCT』に沢山期待してください! 応援よろしく」

「NCT 127」、「10thKMFでファンと一緒にしたいことは? 」動画メッセージ到着!

オム・ギジュン、ユ・ジュンサン、ミン・ヨンギ、キム・ボムレ出演『プレミアムコンサートTHE ONE 2017』開催

「10th Anniversary KMF2017」待ち遠しい! 「NCT 127」、「PENTAGON」、「CLC」 からD-80 カウントダウンボード到着!

「TOPSECRET」 Comeback JAPAN初三大都市ツアー〜WAKE UP!! HANA〜メディア特別第二次先行決定! &「TOPSECRETカムバック記念初三大都市ツアープレミアムチェキ会」開催!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.