米国 韓国に事実上のFTA再交渉要求か=来月「特別共同委」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
米国 韓国に事実上のFTA再交渉要求か=来月「特別共同委」
米国 韓国に事実上のFTA再交渉要求か=来月「特別共同委」
韓米は6月30日にワシントンで首脳会談を行った(イメージ)=(聯合ニュースTV)
【ワシントン聯合ニュース】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は12日(米東部時間)、韓国政府に書簡を送り8月に米ワシントンでの韓米自由貿易協定(FTA)に関する「特別共同委員会」の開催を求めたことを明らかにした。トランプ米政権が韓米FTAの再交渉に向け動き出したといえる。早ければ11月ごろ、両国間で再交渉が始まる可能性もある。

 ライトハイザー氏は特別共同委の開催について、「トランプ大統領の指示に従い、米国の貿易の障壁を取り除き協定改定の必要性を考慮するため」と説明した。また、「特別共同委は韓米FTA見直しを考慮することができる」と述べ、現行のFTAの改定に意欲を示した。

 米国は「再交渉」という表現こそ使わなかったが、特別共同委が再交渉開始に向けた事前手続きであることを公然と示してきた。

 ホワイトハウスのハッカビー副報道官は先月30日の定例会見で、大統領の指示によりライトハイザー氏が特別共同委の開催を要求するだろうとしながら、「再交渉と協定改定のプロセスを始めるため」と述べた。また、トランプ氏は同日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との韓米首脳会談直後の記者会見で「韓米FTA再交渉を始めている」と再交渉を既成事実化した。

 米国の要求通りに特別共同委が来月開催されれば、米国は現行のFTAに対する不満を表明し、トランプ氏の意向通り再交渉を要求すると予想される。一方、韓国政府は韓米FTA効果に対する分析と評価をまず行うべきだとする立場で、双方の隔たりが鮮明となりそうだ。

 文大統領は7月1日にワシントン駐在の特派員と懇談した際、「実務タスクフォース(TF、特別チーム)を構成してFTAの影響などを調査、分析、評価してみようと逆に提案した」と明らかにした。

 米国の特別共同委開催要請が再交渉へ進もうとする意図なのか、対韓貿易の赤字削減を狙い改定を念頭に置いたものなのかは、米国の今後の対応を通じ確認されることになる。米国の大統領貿易促進権限法はFTAの再交渉開始90日前までに政府が議会にこれを通知するよう定めている。来月、特別共同委が開催され、トランプ政権が直ちに韓米FTA再交渉を議会に通知するなら、11月の再交渉着手も可能とみられる。

 一方、文政権でFTAを担当する通商交渉本部長はまだ選任されていない。国会で政府組織法改正案の処理が遅れているためだ。特別共同委が8月に開催されるか、現時点では不透明な状況だ。

2017年7月13日9時3分配信 (C)YONHAP NEWS

この記事が気に入ったら




韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.