北朝鮮、韓国新政権を初めて非難…「ミサイル発射の思弁的意義を無視」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
北朝鮮、韓国新政権を初めて非難…「ミサイル発射の思弁的意義を無視」
北朝鮮、韓国新政権を初めて非難…「ミサイル発射の思弁的意義を無視」
北朝鮮、韓国新政権を初めて非難…「ミサイル発射の思弁的意義を無視」(提供:news1)
 北朝鮮が新型の地対地中長距離弾頭ミサイル(IRBM)「火星12」の発射実験に対する韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政府の対応を公開的に非難した。北朝鮮が去る10日に発足した新政権を公式的に非難したのは今回が初めてである。

 19日、北朝鮮の官営・朝鮮中央通信によると朝鮮アジア太平洋平和委員会は前日(18日)の報道官の談話を通じて「新たに執権した南朝鮮(韓国)当局が今回の発射実験の思弁的意義を無視し、外国勢力に調子を合わせている」と伝えた。

 特に文在寅大統領が北朝鮮のミサイル発射実験に対応し、国家安全保障会議(NSC)を緊急招集して北朝鮮を糾弾したことに対して「醜態」だと非難した。

 また自国の新型ロケット(ミサイル)発射実験が、米国の核戦争侵略脅威から朝鮮半島と地域平和を守護するための正々堂々とした自衛的措置という立場を固守し、一部で今回の発射実験が「新政権に対する試験」という話が出てくることを「くだらない話」と一蹴した。

 談話は「われわれの自衛力強化措置は、共和国の尊厳や自主権、民族の運命に関連した重大事であり、米国で政権が交代し、南朝鮮(韓国)で『政権』が変わったからといって、中断したり、速度が遅くなったりすることは決してない」とし「われわれの自衛的な核報復打撃能力はさらに高い速度で強化されることを明確に知るべきだ」と付け加えた。

2017年5月19日9時50分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.