朴槿恵前大統領の逮捕可否決める令状審査、2度の休廷挟み再開…歴代最長時間更新も=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
朴槿恵前大統領の逮捕可否決める令状審査、2度の休廷挟み再開…歴代最長時間更新も=韓国
朴槿恵前大統領の逮捕可否決める令状審査、2度の休廷挟み再開…歴代最長時間更新も=韓国
韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状の発付可否を決める審査が約6時間経って2度目の休廷を挟み、再開した。
 韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状の発付可否を決める審査が約6時間経って2度目の休廷を挟み、再開した。

 憲政史上初めての前職大統領を相手にした令状実質審査(逮捕状審査)は30日午前10時30分からカン・ブヨン令状専門担当判事審理のもと、ソウル中央地裁321号法廷で始まった。

 午前の尋問は約3時間後の午後1時6分頃まで進行された。1時間の最初の休廷時間に朴前大統領は弁護人らとキムパプ(のり巻き)弁当で昼食を済ませた。午後2時7分頃に再開した尋問は約2時間後の午後4時20分までおこなわれ、2度目の休廷に入った。そして、15分後の午後4時35分から再び尋問が始まった。

 朴前大統領に対する容疑は13種にのぼり、双方の主張が対立していることから、審査は歴代最長時間の7時間30分を超えるものと見られる。
2017年3月30日17時9分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.