<フィギュア四大陸選手権>チェ・ダビン、個人最高点で女子SP6位発進

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
<フィギュア四大陸選手権>チェ・ダビン、個人最高点で女子SP6位発進
<フィギュア四大陸選手権>チェ・ダビン、個人最高点で女子SP6位発進
<フィギュア四大陸選手権>チェ・ダビン、個人最高点で女子SP6位発進(提供:news1)
 映画「ラ・ラ・ランド」のOST(オリジナル・サウンドトラック)での演技を初披露したチェ・ダビン(17)がショートプログラム(SP)個人最高点を更新した。

 16日、江陵(カンヌン)アイスアリーナで開かれた2017国際フィギュア連盟(ISU)四大陸フィギュアスケート選手権女子シングルショートプログラムで14番目に演技をしたチェ・ダビンが61.62点(技術点35.56点、演技構成点26.06点)で6位に入った。

 チェ・ダビンは昨年2016 ISU四大陸選手権で総合8位(ショート10位)に入ったのに続き、2年連続トップ10入りの希望を見せた。なお、チェ・ダビンは昨年9月、ISUチェレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックで記録した個人最高記録(58.70点)を超えた。

 チェ・ダビンの競技直前に滑ったキム・ナヒョン(17)は怪我のため成績がふるわず、残念さを残した。キム・ナヒョンは45.95点(技術点22.42点、演技構成点24.53点)で17位となった。

 パク・ソヨン(20)の負傷で出場権を得たソン・ソヒョン(18)はジャンプのミスにより、38.61点(技術点19.47点、演技構成点20.14点)で22位に留まった。

2017年2月17日11時17分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.