韓国特別検察官「朴大統領と崔被告の共謀有無が争点」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国特別検察官「朴大統領と崔被告の共謀有無が争点」
韓国特別検察官「朴大統領と崔被告の共謀有無が争点」

朴大統領(右)と崔被告(イメージ)=(聯合ニュースTV)

【ソウル聯合ニュース】韓国政府から独立して朴槿恵(パク・クネ)大統領が絡む疑惑と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を捜査している特別検察官のチームは22日の記者会見で、朴大統領の収賄疑惑の捜査について「崔被告と大統領が共謀したかどうかが争点だ」と述べた。朴大統領が対面聴取に応じるよう働きかける考えも示した。

 特別検察官チームの李圭哲(イ・ギュチョル)報道官は「一般人が公務員と共謀して罪を犯した場合、公務員犯罪の共犯になるというのは判例や通説で問題がない」と言及。共謀は明示のほか暗に知らせることも含まれるとした。

 李氏は「経済的利益を共有したか、経済的共同体だったかは争点にならない」と述べた。経済的共同体は共謀有無を判断するための根拠の一つにすぎず、贈収賄罪成立の必須条件ではないと強調した。

 来月初めごろを計画する朴大統領の対面聴取については、「大統領側が対面聴取に応じなければ強制捜査をする方法がない。対面聴取の必要性を十分に納得させるしかない」と説明する。対面聴取と青瓦台(大統領府)官邸の家宅捜索を「特別検察官の捜査で必要と判断される部分」としながら、今後日程を調整し、推進すると述べた。

2017/01/22 17:01配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.