朴氏の指示あったか追及 反政権文化人リスト疑惑で逮捕の元閣僚ら

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
朴氏の指示あったか追及 反政権文化人リスト疑惑で逮捕の元閣僚ら
朴氏の指示あったか追及 反政権文化人リスト疑惑で逮捕の元閣僚ら
金淇春容疑者(左)と趙允旋容疑者(イメージ)=(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】韓国政府から独立して朴槿恵(パク・クネ)大統領が絡む疑惑と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を捜査している特別検察官のチームが22日、朴政権に批判的な芸術家や俳優ら文化・芸術界関係者をリストアップした「ブラックリスト」が作成されていたとの疑惑に絡み前日逮捕した金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長と趙允旋(チョ・ユンソン)前文化体育観光部長官の取り調べを進めている。

 特別検察官のチームはこの日午後、逮捕後初めて金容疑者を特別検察官の事務所に呼び出した。同容疑者は朴政権に批判的な文化・芸術界関係者を政府の支援対象から外すことを目的にブラックリストの作成・管理を主導した容疑(職権乱用権利行使妨害)で逮捕された。特別検察官チームは金容疑者に、リスト作成の経緯や朴大統領がこれを直接、間接的に指示または関与したかどうかなどを問いただした。

 また、同じ時間に趙容疑者も呼び出し、リスト作成の中心人物を追及した。同容疑者の取り調べは前日に続き2日連続。前日に文化体育観光部長官職の辞表が受理されている。

 両容疑者はこれまで公の場でブラックリストに関与した疑惑を否定してきた。これを逮捕後の取り調べで翻すかが、特別検察官チームの捜査の行方を左右するとみられる。

 一方、朴大統領側はリスト作成を直接指示した事実はないと主張。疑惑を報じたメディア関係者を告訴し損害賠償請求訴訟を起こすと、強硬な姿勢を示している。

 特別検察官チームはブラックリスト疑惑の解明と同時に、来月初めを計画する朴大統領の対面聴取の準備に捜査力を集中させる構えだ。対面聴取に先立ち早ければ今週、青瓦台(大統領府)官邸を家宅捜索する可能性もあると伝えられる。

2017年1月22日16時1分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.