朴大統領が他人名義の電話使用 弾劾審理で元側近証言

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
朴大統領が他人名義の電話使用 弾劾審理で元側近証言
朴大統領が他人名義の電話使用 弾劾審理で元側近証言

弁論に出席するため憲法裁判所を訪れたチョン・ホソン被告=19日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追を審理する憲法裁判所が19日に開いた7回目の弁論で、朴大統領の最側近の一人だった元青瓦台(大統領府)付属秘書官のチョン・ホソン被告が朴大統領が他人名義の携帯電話を使用していたと証言した。

 チョン被告は、朴大統領が業務用や他人名義の携帯電話を自身で携帯していたのか、同行の秘書に持たせていたのかを問われると「よく知らない。行事や業務の時は(電源を)切っているケースが多かった」と答えた。
朴大統領が他人名義の電話使用 弾劾審理で元側近証言

スター閣僚が出頭朴槿恵(パク・クネ)大統領に絡む疑惑と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を調べている特別検察官の捜査チームは朴政権に批判的な芸術家や俳優など文化・芸術界関係者をリストアップした「ブラックリスト」が作成されていた



 チョン被告は、朴大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告に政府の機密文書などを渡した公務上秘密漏えい罪に問われている。

 チョン被告は、朴政権発足直前の2013年1月から14年12月にかけ、1日2~3回の頻度で崔被告と電話や文字メッセージで連絡を取り合っていたことを認めた。
朴大統領が他人名義の電話使用 弾劾審理で元側近証言

審理終え護送車へ国政介入事件で起訴された朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告が、朴大統領の弾劾の可否を審理する憲法裁判所で開かれた第5回弁論を終え、拘置所に戻るため護送車へ移動している=16日、ソウル(聯合ニュース

また、盗聴の恐れがあるため崔被告との連絡は所有する他人名義の携帯電話で行っていたと述べた。

2017/01/19 15:03配信  Copyright 2017(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフンら韓国オールスターキャスト出演!  今まで誰も見たことがない冥界ファンタジー・アクション「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」2019年11月6日[水]BD/DVDリリース!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>