朴大統領 沈没事故当日に関する答弁書提出=憲法裁「説明不足」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
朴大統領 沈没事故当日に関する答弁書提出=憲法裁「説明不足」
朴大統領 沈没事故当日に関する答弁書提出=憲法裁「説明不足」

沈没事故当日、対策本部を訪れた朴大統領(左奥、資料写真)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の罷免の可否を判断する憲法裁判所が10日、第3回弁論を開き、朴大統領の代理人団は旅客船「セウォル号」沈没事故当日(2014年4月16日)の朴大統領の行動に関する答弁書を提出した。これに対し、憲法裁は説明不足だと指摘し、補完を求めた。

 国会で可決された朴大統領の弾劾案は弾劾事由の一つとして、朴大統領が沈没事故時に積極的な対応を取らず、生命権保護義務に違反したと明記している。憲法裁は事故当日の朴大統領の行動がはっきりしない「空白の7時間」について、動静を具体的に明らかにするよう求めていた。

 代理人団は答弁書で「事故当日は公式日程がなく体調も良くなかったため、官邸の執務室で勤務することにした」とし、朴大統領は執務室でたまった報告書に目を通していたと説明した。電子メールやファクス、人の手によって届けられた報告をチェックしたり、電話で指示したりして業務を処理していたという。

 答弁書によると、朴大統領は午前10時ごろ、国家安保室から沈没事故に関する最初の報告書を受け取った。10時15分、金章洙(キム・ジャンス)国家安保室長(役職は当時、以下同じ)に電話して状況の把握を指示し、同22分には金氏に重ねて徹底救助を強く求めた。だが、こうした電話が実際にあったという証拠は提示されていない。

 代理人団は、朴大統領は午前中、国家安保室や関係秘書官らから救助に関する報告書を受け取ったり、正確な時間は不明ながらアン・ボングン第2付属秘書官から対面報告を受けたりしたと主張した。

 昼食後は時を置かずにチョン・ホソン第1付属秘書官から対面報告を受け、午後2時50分ごろ乗客の大半が救助されたという先の報告が間違いであったことを知らされ、3時ごろ中央災難(災害)安全対策本部への訪問準備を指示したという。

 また、3時35分ごろ青瓦台(大統領府)を訪れた美容師に20分ほど髪をセットしてもらい、4時半ごろ訪問準備が整ったという警護室の報告を受けて5時15分ごろ対策本部を訪れたと代理人団は説明した。青瓦台に戻ってからも、国家安保室などから救助の状況について報告を受けたという。

 代理人団は「人命救助のため随時報告を受け、指示を出したが、関係機関の誤った報告とマスコミの誤報が重なり、国全体が混乱した状況だった」と説明し、朴大統領が事故当日に最善を尽くしてできる限りのことをしたと主張した。

 だが憲法裁は、答弁の水準が要求を満たしていないとし、補完が必要だと指摘した。

2017/01/10 14:04配信  Copyright 2017(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>