崔順実被告「悔しい部分多い」 初公判で全面否認

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
崔順実被告「悔しい部分多い」 初公判で全面否認
崔順実被告「悔しい部分多い」 初公判で全面否認
初公判に出席した崔被告=5日、ソウル(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件で、崔被告が5日、ソウル中央地裁で開かれた初公判に出廷した。崔被告は起訴内容を全面的に否認し、「悔しい部分が多い」と訴えた。

 崔被告は裁判長に「(起訴内容を)全面的に否認するということで間違いないか」と問われ、「はい」と答えた。追加陳述の時間を与えられると、「悔しい部分が多い」と述べ、「(裁判で真相が)明らかにされることを願う」と声を絞り出した。先ごろ行われた公判準備手続きと同様に、今回も起訴内容を否認した。

 崔被告の弁護人、李ギョン在(イ・ギョンジェ)弁護士は「崔氏が朴大統領、安鍾範(アン・ジョンボム)前青瓦台(大統領府)政策調整首席秘書官と共謀して、(崔被告らが設立した)『ミル財団』と『Kスポーツ財団』に資金拠出を強要したという事実はない」と主張。「検察が崔氏と安氏の共謀関係を立証できなかったため、大統領を仲介として共謀関係が成立するかのように(事実を)法的に歪めた」と述べた。崔被告が大企業に寄付を強要した事実はないとも主張した。

 その上で「崔氏は両財団の設立から現在に至るまでどのような金銭的利益も得たことはない」と強調した。

 李弁護士は崔氏の娘、チョン・ユラ容疑者が2日(日本時間)デンマークで拘束されたことに触れ、「崔氏は、自分はともかく娘までデンマークで拘束され、この先どうなるかわからない厳しい状況に置かれている」とし、「法廷において公平かつ厳正に裁きを受けることを願っている」と訴えた。

2017年1月5日17時4分配信 (C)YONHAP NEWS

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.