韓日軍事情報協定 初の協議開催=「全般的な内容議論」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓日軍事情報協定 初の協議開催=「全般的な内容議論」
【ソウル聯合ニュース】韓国と日本は1日、東京で両国の軍事情報共有を可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結に向けた外交・防衛当局の課長級による初の実務協議を行った。韓国国防部が明らかにした。

 同部は「双方は2012年に暫定合意した協定の文言を基に、全般的な内容について協議した」とした。

 韓国政府は先月27日、北朝鮮の核とミサイルに対応するため、日本とのGSOMIA締結に向けた交渉を再開すると発表した。両国は12年、GSOMIAを締結する予定だったが、日本と密室で軍事協力を進めたとの批判が韓国内で噴出し、締結直前に延期になった。

 韓国国防部は次回の協議について、「日本側と調整し、決定する」と説明した。次回はソウルで開かれる可能性が高い。

 両国は年内の締結を目指す方針だ。

 GSOMIAが締結されれば、両国は直接、軍事情報を共有できるようになり、実質的な軍事協力に向けた重要な基盤が整う。両国は現在、14年末に米国を含む3カ国間で交わした北朝鮮の核とミサイル関連の軍事情報を共有する覚書(MOU)に基づき、限られた範囲内で米国を通じ間接的に軍事情報を共有している。

 ただ、安倍晋三首相が歴史認識問題で従来の立場を変えず、「戦争可能な日本」を目指しているとの指摘があり、日本とのGSOMIA締結は不適切との声も出ている。

2016/11/01 17:05配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.