高麗人参の対ベトナム輸出好調 東南アジアトップ=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
高麗人参の対ベトナム輸出好調 東南アジアトップ=韓国
高麗人参の対ベトナム輸出好調 東南アジアトップ=韓国
高麗人参の根(資料写真)=(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】韓国産高麗人参の東南アジア向け輸出で、対ベトナム輸出が最も多いことが1日、分かった。

 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)のホーチミン貿易館によると、昨年の韓国産高麗人参のベトナムへの輸出量は1362トン、輸出額は946万ドル(約10億円)で、東南アジア地域で最多となった。韓国の高麗人参の輸出先10カ国中では6位だった。

 上位10カ国のうち前年に比べ輸出量と輸出額が増加したのはベトナムが唯一。ベトナム向けは2010年からの5年間で、輸出量は93%、輸出額は32%、それぞれ増加した。

 KOTRAは「韓国産は品質がよく、比較的高額なため主に贈り物として売れている」と説明した。

 しかし、安価な中国産が追い上げを見せており安心はできない状況だ。ベトナムの高麗人参(根)の輸入量に占める韓国産の割合は11年の83%から昨年は55%に落ち込んだが、中国産は14%から28%に上昇した。ベトナムで韓国産の人気が高まるにつれ、中国産が韓国産として出回るケースも増えている。

 また、ベトナム政府が高麗人参の輸入依存度を下げようと高麗人参栽培事業を積極的に奨励していることも韓国の業界にとっては懸念材料となっている。

 KOTRAは、韓国産高麗人参の強みである品質の良さを武器に、中国産との差別化を図るとともに、優秀な効能を積極的にアピールする必要があると指摘した。

2016年11月1日14時1分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.