平昌五輪組織委員長 東京・北京大会との協力事業提案

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
平昌五輪組織委員長 東京・北京大会との協力事業提案
平昌五輪組織委員長 東京・北京大会との協力事業提案
李熙範氏=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪組織委員会は、2018年の同五輪を皮切りに20年の東京夏季五輪、22年の北京冬季五輪と北東アジアで大会が連続開催されることを踏まえ、五輪を盛り上げ観光客誘致につなげるための「韓中日協力プロジェクト」を推進する。
 平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長は31日、聯合ニュースの取材に対し、「北東アジアで近い時期に五輪が開催されるため相互協力の観点から、韓中日五輪組織委員長会議を定例化する方策を国際オリンピック委員会(IOC)を通じ提案した」と明らかにした。


 この提案は今年2月に平昌五輪のテスト大会を行った際に韓国を訪問した東京五輪と北京五輪の関係者の間で初めて議論された。
 李委員長は来月1〜3日にスイス・ローザンヌで開催されるIOC理事会の期間中に韓中日協力プロジェクトを具体化する方針。理事会に出席する東京五輪組織委の森喜朗会長と現地で会談し、具体的な議論を行う予定だ。
 今回の理事会に出席しない北京五輪組織委の郭金龍・執行主席とは後日話し合うという。
 李委員長は「韓中日の五輪組織委トップが知恵を出し合い五輪期間中の観光客誘致策を議論し、3カ国の観光客が継続して相手国を訪問できる方策を話し合う予定だ」と説明した。
 特に、李委員長が気にかけているのは平昌五輪競技場の五輪終了後の活用法だ。
 22年北京冬季五輪に参加する各国選手団が時差への適応のための訓練地として平昌の施設を活用し、これを通じて平昌に観光客を誘致し地域経済の活性化につなげたい考えだ。
 さらに、中国選手団も平昌の施設を活用し本番に向けた準備に取り組めるよう北京五輪組織委と協議していく計画。

2016年5月31日12時2分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.