与党が惨敗 金代表の責任論浮上か=韓国総選挙

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
与党が惨敗 金代表の責任論浮上か=韓国総選挙
 【ソウル聯合ニュース】韓国で13日、国会議員総選挙(定数300、任期4年)の投開票が行われ、与党セヌリ党が過半数を割り込む「惨敗」となった。同党の金武星(キム・ムソン)代表は釜山で6期目の当選を果たしたが、16年ぶりに野党の議席数が与党を上回る結果となり、責任論が浮上する見通しだ。
 金氏は来年末の次期大統領選の有力候補とされていたが、大統領選の候補者レースにも影響を及ぼすとみられる。
 金氏は先月、総選挙に関連し、勝敗に関係なく、選挙後に代表職から退く意向を示していた。 
kimchiboxs@yna.co.kr
2016/04/14 01:01配信  Copyright 2016(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.