ここ10年の人気小説 トップ10に日本作家3作品=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
ここ10年の人気小説 トップ10に日本作家3作品=韓国
 【ソウル聯合ニュース】過去10年間で韓国の読者に最も多く読まれた小説は申京淑(シン・ギョンスク)氏の「母をお願い」であることが分かった。韓国大手書店の教保文庫が21日、2006年から昨年までの累計販売部数の集計結果を明らかにした。
 2位はフランスの精神科医、フランソワ・ルロール氏の「幸福はどこにある―精神科医へクトールの旅」、3位は村上春樹氏の「1Q84」BOOK1だった。東野圭吾氏の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が4位、ダクラス・ケネディ氏の「ビッグ・ピクチャー」が5位に入った。
 上位10作品のうち韓国の小説は3作品のみだった。申氏の著作のほか、権丕暎(クォン・ビヨン)氏の「朝鮮王朝最後の皇女 徳恵翁主」が8位、孔枝泳(コン・ジヨン)氏の「トガニ―幼き瞳の告発」が9位。
 日本の小説は村上氏と東野氏の作品のほか、奥田英朗氏の「空中ブランコ」が10位につけ韓国での日本小説の人気の高さを裏付けた。
 村上氏は「ノルウェイの森」と「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が16、17位に入り上位20位に3作品がランクインした。
sjp@yna.co.kr
2016年3月21日16時0分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら




韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.