「日韓請求権協定の違憲裁判却下について言及する事項はない」=韓国外交部

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「日韓請求権協定の違憲裁判却下について言及する事項はない」=韓国外交部
「日韓請求権協定の違憲裁判却下について言及する事項はない」=韓国外交部

韓国外交部は23日、憲法裁判所が日韓請求権協定の条項に対する違憲訴訟に却下の決定を下したことに関して「特別に言及する事項はない」と明らかにした。(提供:news1)

 韓国外交部は23日、憲法裁判所が日韓請求権協定の条項に対する違憲訴訟に却下の決定を下したことに関して「特別に言及する事項はない」と明らかにした。

 外交部当局者はこの日、「却下の決定は憲法裁判所の手続き法的法理に基づいたものだと聞いている」として述べた。

 憲法裁判所は、1965年に締結された日韓請求権協定第2条第1項などに関する違憲訴訟で、裁判の対象ではないという理由で却下の決定を下した。

 この条項は、日本と韓国が国家や国民の財産、権利、利益、請求権問題が完全にそして最終的に解決されたという内容が含まれており、憲法裁判所において違憲決定が出た場合、日韓関係に影響が大きくなると予測されていた。

 しかし憲法裁判所が却下の決定を下したことにより、日韓請求権協定がすぐに日韓外交当局間の話題になる可能性は低くなった。

 一方、外交部のユン・ビョンセ長官は、憲法裁判所の決定が出る前の23日午前、韓国放送記者クラブ招請討論会で「憲法裁判所の判決は、憲法裁判所が独立的におこなうものだ」とし、「賢明な判断がなされることを期待している」と明らかにしていた。

 これに関して一部では、ユン長官が違憲決定が出た場合、日韓関係に根幹が揺らぐ可能性があるという憂慮を遠回しに表したのではないかと分析されている。

2015/12/23 16:02配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.