韓中日保健閣僚会合 MERSなどへの対応協議

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓中日保健閣僚会合 MERSなどへの対応協議
 【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部の鄭鎮ヨプ(チョン・ジンヨプ)長官は29日、京都で開催された韓国と中国、日本による保健閣僚会合に出席し、公衆衛生危機への共同対応や保健医療分野での協力などについて意見交換した。
 会合は新型インフルエンザなどに対応するため2007年、韓国の提案で設けられた。今年で8回目となる。
 今回の会合では中東呼吸器症候群(MERS)など新種の感染症に対し、3カ国が積極的に協力し対応することで一致した。鄭長官は3カ国のホットラインを構築し、自国と海外の感染症情報や出入国検疫情報などを共有する当局間の協議体を設置するよう提案した。
 また、3カ国は高齢化や慢性疾患の増加などで社会経済的な負担が高まっていることを踏まえ、認知症や高齢者介護サービス、禁煙など各国の保健関連政策課題を共有した。
kimchiboxs@yna.co.kr
2015/11/29 12:00配信  Copyright 2015(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.