VWに車代金の返還求める初訴訟 排ガス不正で=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
VWに車代金の返還求める初訴訟 排ガス不正で=韓国
VWに車代金の返還求める初訴訟 排ガス不正で=韓国

フォルクスワーゲンのサービスセンター(資料写真)=(聯合ニュース)

 【ソウル聯合ニュース】独フォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制を逃れるため、ディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載していた問題で、韓国人の消費者2人が30日、VWグループとアウディコリア、フォルクスワーゲンコリア、韓国のディーラーを相手取り、自動車購入代金の返還を求める訴訟をソウル中央地裁に起こした。同問題をめぐり、韓国で訴訟が起こされるのは初めて。原告の代理人の法律事務所が明らかにした。

 同法律事務所は、被告が消費者である原告をだましたとして、「自動車売買契約を取り消す」と主張。「被告の欺瞞(ぎまん)行為がなければ、原告は排出基準を満たしていない自動車を高額で購入しなかった」として、売買契約が無効になったため、被告らは原告が払った売買代金を返還する義務があると訴えた。
 原告2人が購入した車両はアウディの「Q5」の2014年モデルとVWの「ティグアン」の09年モデル。原告は購入時点から売買代金に対する年5%の利子も返還するよう求めた。
 同法律事務所はVWグループに対し、排出基準を満たすため、ディーゼルエンジン「EA189」が搭載された車両に排ガス低減装置を操作するソフトウエアを設置し、認証試験中は低減装置が正常に作動するが一般走行状態では低減装置の作動を停止させ、大気環境保全法の基準を超える窒素酸化物を排出したと主張した。その上で、「被告らがこれを隠し、『クリーンディーゼル』というスローガンを使い、環境に配慮しながらガソリン車より燃費は約2倍向上させ、市内走行時は加速機能が良いと広告し、これを信じた原告に同種のガソリン車より割高で車両を購入させた」と指摘した。
 原告は不当利得の返還とともに、予備的請求としてそれぞれ3000万ウォン(約300万円)の損害賠償を求めた。予備的請求は主となる請求が認められなかった場合を想定し行うものだ。
 同法律事務所は「大気環境保全法の基準を満たすためには、車両の性能を低下させ燃費を悪化させるしかなく、さらなる損失を被ることになった」とも訴えた。ブランド価値が低下し、VW車やアウディ車に対する中古車購入需要が急減したと主張する。
 今回の訴訟を皮切りに、韓国でVWグループの排ガス不正問題に対する訴訟が相次ぐ見通しだ。同事務所の弁護士は「原告をさらに増やし、訴訟を拡大する方針」と述べた。VWとアウディの車両をリースの形で利用する消費者も訴訟に加えるという。
 問題となっているVWグループの車両は韓国で2009年から約14万6000台が販売されたとみられる。
kimchiboxs@yna.co.kr
2015年9月30日11時2分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.